国内

タワマンのボスママを取り巻きパーティ三昧「雁の群れーゼ」

菅野美穂主演『砂の塔~知りすぎた隣人』でもタワマンカーストが描かれる

 50階建てのタワーマンションのエレベーターホール。向かって右は高層階。向かって左は低層階。どちらに曲がるかで住民の“格”が決まる──。夫と子供とともに憧れのタワーマンションに引っ越した菅野美穂(39才)演じる主人公が住民による「タワマンカースト(格付け)」に翻弄されるサスペンスドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』(TBS系)が話題だ。

 一般に高さ60m以上、20階以上の住居がタワマンとされる。全国に約9万戸あり、最近では大都市圏だけでなく地方にも増えている。ドラマの舞台は50階建てのタワマンで、それ以上の高さのタワマンは日本に30棟ほどある。

 高い階ほど価格が上がるタワマンでは、高層階の住人ほど年収や勤務先のグレードが上がりがち。「階数」は「ヒエラルキーそのもの」だと都内の40階建てタワマンの2階に住む40代事務員が苦い顔をする。

「ウチのマンションは分譲なので、全部屋の価格表を持っています。郵便受けを見れば誰がどの階の住人かわかるので、価格と階数をチェックしちゃいますね。住民はごく自然に『30階の田中さん』『10階の鈴木さん』などと名字の前に住んでいる階数をつけて呼び合うんですが、それが気になって…。子供まで『2階の○○さんの息子さん』と言われると、正直バカにされている感じがします」

 低層、中層、高層でそれぞれ使用するエレベーターが違うタワマンも多い。都内のタワマン低層階に住む40代パート主婦が悲しげな顔でつぶやく。

「マンションには住民用のキッズルームがあり、そこで自然にママ友ができます。子供を遊ばせながらママ友たちと談笑した後、ホールで高層階に住むママ友に『それじゃあね』といって、子供と一緒に低層階用のエレベーターに乗るときは、すごく切ない気持ちに。子供に顔色だけは悟られないように気をつけていますが…」

 タワマン格差には、地域的な特徴もある。東京でいうと、六本木や赤坂などにある超高級タワマンでは、住人全員がお金持ちなので格差が少ない。

 一方で芝浦や豊洲のような、一般のサラリーマンでも背伸びすれば手の届く「埋立地タワマン」では上と下の格差が大きくなる。

「ウチのタワマンは高層階が優雅な専業主婦マダムばかりで、低層階は夫の収入がそれほどでもないけれど35年ローンで購入した共働き家庭が多い。最上階に住むマダムたちは、低層階でパートと子育てに追われてゼイゼイ言っている『きりきりママ』を完全に見下しています」(埋立地タワマンに住む30代会社員)

 もともと東京の山の手出身で、今は湾岸地域のタワマン低層階に住む40代主婦はこう声を潜める。

関連キーワード

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン