• TOP
  • 国内
  • 卵子凍結の出産率は採卵時30才で11.3%

国内

2016.10.30 16:00  女性セブン

卵子凍結の出産率は採卵時30才で11.3%

大阪市にあるオーク住吉産婦人科船曳美也子さん

 マイナス196℃の液体窒素が入ったタンク。そこには凍結した卵子が入っている…。

 10月26日に『クローズアップ現代+』(NHK)で『老化を止める?“卵子凍結”の真実』と題した番組が放送された。その冒頭で、驚くべき調査結果が示された。

 NHKが全国の高度な不妊治療を行う医療機関を対象に独自の調査を行ったところ、40以上の医療機関でおよそ1000人の女性が卵子凍結を行っていることが明らかになったのである。卵子の数の合計はおよそ9000個。これだけの数の“命のもと”が、いつか来る出番を静かに待っている。

 同番組では、そうしたNHK独自の調査結果とともに、凍結した卵子を用いていつの日か出産したいと望む女性たちの“今”について特集し、大きな反響を呼んだ。同番組のディレクター・丸岡裕幸さんはこう語る。

「これほど多くの女性が卵子凍結を行っているということにまず驚きました。ある程度の数はあるだろうと思っていましたが、その予想を大きく超えていました」

 これまでその実態が全くわかっていなかった「健康な女性で凍結卵子を使った出産経験者」がすでに10人以上いることも同番組で明らかになった。それは凍結した卵子を解凍して体外受精による妊娠を試みた女性およそ90人中、出産にまで至った人の数だ。

「この数字は、卵子凍結が将来の出産を約束するものではないことを示しています。卵子を凍結さえすれば、出産までの時間が猶予されると考えるかたもいますが、現実には必ずしもそうではなかったことがわかりました」(丸岡さん)

 40代で卵子凍結を行う女性も多いが、妊娠・出産に至るのは決して簡単ではないのが現実だ。大阪市にあるオーク住吉産婦人科船曳美也子さんはこう語る。

「出産率は年齢とともに下がっていきます。1個の凍結卵子による出産率は、採卵時の年齢が30才で11.3%、35才では8.3%。40才で6%です」(船曳さん)

 同院では、卵子の解凍をした12例のうち、妊娠したのは6例で、そのうち出産にまで至ったのはわずか2例だけだ(他2例は現在、妊娠中、他2例は妊娠したが初期流産)。

 妊娠にまでこぎ着けたとしても、高齢出産のリスクは消えない。日本生殖医学会が、ガイドラインで《40才以上の卵子の採取は推奨できない》《保存卵子を使った45才以上の不妊治療は推奨できない》としているのはこのためだ。

 ガイドラインの作成にかかわった元日本生殖医学会理事長で、慶應義塾大学名誉教授の吉村泰典さんが語る。

関連記事

トピックス