• TOP
  • ライフ
  • 王貞治の師・86歳荒川博氏「週1~2回ステーキ、野菜は嫌い」

ライフ

2016.10.31 16:00  週刊ポスト

王貞治の師・86歳荒川博氏「週1~2回ステーキ、野菜は嫌い」

王貞治の一本足打法の生みの親・荒川博氏

 長生きするために、野菜や煮物などを中心に「質素な食事」を心がけている人は、世の中に数多い。もし、それが間違っていたとしたら──。地方独立行政法人・東京都健康長寿医療センター研究所の新開省二副所長はこう言う。

「長寿と食事に関連があるのは言うまでもありません。長寿という言葉は曖昧ですが、これを余命と言い換えましょう。余命を延ばすためには何を食べればよいのか。

 これは年代ごとに異なりますし、もちろん個々に異なりますが、傾向としては、50~60代は『病気予防』の観点で、70代以降になったら『老化予防』の観点で何を食べるか考えるべきです。ただ、70歳になって一気に太ると筋力がついていけないので、60代の段階で徐々に移行していくのがベストです」

 中高年は、食欲を抑えてメタボや糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病を予防することが大事だが、高齢になったら、むしろ自分の身体を維持することがポイントになる。つまり、中高年の時に正しいと思っていた食習慣を引きずることは、逆に危険になるのだ。

「老化予防で考慮すべきは、“不足”を避けることです。年をとると体力が落ち、分量を食べなくなってしまう。そうなると骨や筋肉、血管が弱まり、認知も弱くなります。それを避けるため、不足しがちな栄養を補うよう気をつけるということです」(前出・新開氏)

 では、いったいどんな食べ物を口にすることが、長生きにつながるのか。今年9月、青汁で知られるキューサイが、100歳以上の長寿者100人への生活実態調査の結果(キューサイ「100歳まで楽しく歩こう課」調べ)を発表した。

 それによると、「日常生活における好きなこと(複数回答)」の第2位は「食べること」(68%)。長寿者は食欲旺盛であることが窺える(1位は「テレビ・ラジオ」)。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス