• TOP
  • 芸能
  • スター・トレックのP 女優の妻と二人一緒に教育熱心

芸能

2016.11.04 16:00  女性セブン

スター・トレックのP 女優の妻と二人一緒に教育熱心

J.J.エイブラムスが語る教育論

『スター・トレック』を始め、昨年大ヒットした『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では、ジョージ・ルーカス監督からの指名でプロデューサーを務めたJ.J.エイブラムス(50才)。彼は、その才能からルーカス、スピルバーグの後継者と呼ばれているが、その素顔とは…?

 ニューヨークに生まれ、ロサンゼルスで育った彼は、生まれついた環境にも恵まれていた。両親ともにテレビ映画の関係者で、この世界で活躍する下地はできていた。

 ある種、“選ばれし者”的な環境で育っているが、アイルランド生まれで17才下の女優ケイティ・マクグラス(超美形!!)と結婚し、彼らの子供たちはそれ以上に恵まれた環境にあるといえる。いったいどんな育て方をしているのだろうか。

 JJは、自ら10才、17才、18才の3人の子供がいると教えてくれたが、教育方針について聞くと、ちょっぴり真顔になった。

「私も妻も教育熱心です。しつけに力を入れています。ぼくの周りの人たちの中には、子供が18才、19才といった年齢になったときに、その子供たちが悪い方向へ進んでしまった人もいて、そんな姿を見たり聞いたりすることがないわけではありません。10代後半になって厳しくしても、もう遅いということがあるんでしょう。だから、過保護になってはいけないけれど、常日頃から子供たちをよく見てしっかりしつけているんです」

 折にふれて言い聞かせていることは、「人に対して尊敬の気持ちを持つこと、人のために役立つよう心がけること、人の気持ちになって考え、行動すること」だと言う。

「そのために、子供たちに“それはダメ”と言うことも多いですね。愛していながら、ダメと言うのは簡単ではないし、ぼくら夫婦が嫌われることもあるかもしれない(笑い)。でも、言うべきことは言わなければ」

 ドラマのもとになるような対立もときにはある、と言う。

「でも、本当の絆を深めるためにはそれは不可欠なんですね。だから、“ダメ”を言うときは、毎回、親として試されているような気がしています(笑い)」

 彼の作品には “家族”という テーマが据えられていることも少なくない。激烈なアクションの一方で、家族を思う気持ちや情愛、絆がきっちりと描かれている。だからこそ、マニアックなSFファンに限らず、初めて見た人であっても、強く惹きつけられるのだろう。

撮影■森浩司

※女性セブン2016年11月17日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス