芸能

SexyZone メンバーが5周年記念ベストアルバム全曲解説

 11月16日にベストアルバム『5th Anniversary Best』を発売するSexyZoneが、女性セブン11月17日号のグラビアに登場。5人のメンバーたちが、“史上最高”というテーマで語り合う。

中島健人:今日の撮影のテーマ、史上最高って、すごいタイトルだよね(笑い)。メンバーでいちばんセクシーな人って誰?

松島聡:健人くんだと思う

中島:マジっすか? ありがとうございます!

菊池風磨:いちばんキュートなのは、マリウスでしょ。

マリウス葉:聡ちゃんでしょ~。

松島:いやマリウスでしょ。

マリウス:いや聡ちゃんでしょ。

佐藤勝利:ま、どちらでもいいんですけど(笑い)。やっぱ、最年長がいちばんセクシーで、最年少がいちばんキュートかな。メンバーそれぞれのモテポイントって何かな?

マリウス:風磨くんは、かっこよくて、でもちょっと距離が縮まるとかわいい面もあったり。クールに見えるのに、すごく優しいところにキュンとする。

佐藤:マリウスは、やっぱりいろいろな言葉を話せるので、もし一緒に海外旅行とか行ったらキュンとすると思う。

菊池:松島は、何をやるにしても一生懸命なところ!

松島:ケンティーは、本当に普段から優しくて。体調を崩したり悩んでいるときに、空気を読んで察してケンティーのほうから声をかけてくれるところ。

中島:勝利は博識なところ! いろいろなことを知ってるし、一緒にジャズライブとか舞台に行ったら、すごく詳しく教えてくれそう。

佐藤:5周年を振り返っての印象的な出来事、いっぱいあるよね。

中島:まっちゃんは言い間違えが多いけど、昔は書き間違いも多くて。デビュー当時、グループの成功祈願の企画で5人で登山に行って、旗にSexy Zoneって書くときに、neをenって間違えて。Sexy Zoenって!!(笑い)

全員:あはは(爆笑)。

佐藤:動物えーんみたいに、セクシーゾエーンって(笑い)。

菊池:しかも、間違えてるのに達筆だったしね(笑い)。

松島:あれは、ごめんなさい!ぼくは正直、この5年間、長かったなというのが本音。次は10周年を目指して、この5人でどんな壁も乗り越えていきたいです。

佐藤:デビュー当時は二枚目を本当に出せるのか…と真剣に悩んだし、デビュー曲だけで終わりたくないと思っていたんです。ここまでSexy Zoneが続いたからこそ出せるベスト盤だと思うので、素直にうれしい!

中島:5年間で内面も変化して、すごくドラマチックに歌えるようになったことが、ベスト盤を聴いて改めて感じてもらえると思います。

マリウス:5周年を新たなスタートに、いろいろな夢を叶えたいです。

菊池:今後の夢は、まずはアジア1位ですね! マリウスがドイツ出身だから、そのあとヨーロッパ圏も目指したいです!

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト