スポーツ

プロ野球の契約更改、査定項目は凡打や空振りにも及ぶ

1プレーたりとも気は抜けない

 プロ野球界は現在オフシーズン。選手たちは“契約更改”というもう一つ大事な闘いに挑んでいる。景気のいい話題で契約更改シーズンの口火を切ったのは、史上初となる2年連続トリプルスリーを達成したヤクルト・山田哲人(24)だった。

「球団側から1億2000万円増の3億4000万円を提示されたと大々的に報じられた。ヤクルトの日本人選手では史上最高額。7年目の野手としてはイチロー(43)以来の3億円超えとなります」(担当記者)

 一方、巨人の内海哲也(34)は野球協約の減額制限を超える2億円ダウン(50%減)の年俸2億円でサインした。契約更改で明暗がくっきり分かれた格好だ。

 個人事業主であるプロ野球選手の年俸は、球団との個別交渉で契約が結ばれる。誰がいくらでサインしたかが大きく報じられる一方、“どうやって額が決まるのか”はほとんど知られていない。そもそも、「年俸の交渉ができる選手」はごく一部に限られる。阪神タイガース球団社長を務めた野崎勝義氏はこういう。

「ファームの若手や一軍経験のない選手は、球団が一方的に金額を書いた統一契約書を提示してハンコをつかせるだけ。場所も二軍寮の会議室などで管理部長が1人で対応し、1日に20人ぐらいを一気に片付けます。拒否すれば解雇されるので、保留はありません」

 準レギュラーにもなると、交渉の余地が出てくる。1人ずつ球団事務所に呼び出され、球団本部長クラスの交渉役が査定担当を同席させて対応する。

 さらに中心選手や大物スターの場合には、事前に下交渉、予備交渉をするケースが多い。本番の更改をできるだけスムーズに終わらせるためだ。冒頭のヤクルト・山田の金額も下交渉の数字が報じられたものだ。

関連記事

トピックス

新CMの発表会に登壇したデヴィ夫人
【過去には金銭トラブルも】デヴィ夫人 「新CM会見」常識破りの「猫耳大サービス」
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン