• TOP
  • グラビア
  • 高橋由美子 「生々しくてヤバい」写真集の秘蔵カット

グラビア

2016.12.04 07:00  週刊ポスト

高橋由美子 「生々しくてヤバい」写真集の秘蔵カット

高橋由美子26歳時の写真集『由美子』より

「20世紀最後の正統派アイドル」と称された高橋由美子(42)が、2001年に刊行された伝説のファイナル写真集『由美子』(ソニー・マガジンズ刊)の思い出を語る。

 * * *
 これが人生最後の写真集。だって……この次に出すとなると脱ぐしかない。これ以上露出したら、次はヌード写真集になっちゃう、というくらいのものにしよう。そんな覚悟を決めて、写真集『由美子』をつくりました。2001年のことでした。

 だから、エロティシズムときれいなものの境目を狙う写真で、そのものズバリは見せないでエッチな写真集を作りたい、微妙なラインを見せたいという思いがあったんです。

 そもそもの経緯は、アイドルとしての黄金期が過ぎた当時26歳の私に、新しい写真集を作りたいというオファーをいただいたんです。初めはあまり気乗りしなかったので、まあ無理だろうと「アフリカに連れて行ってくれるのならいいよ」と返事をしたら、それがトントン拍子で、行けることになっちゃった(笑い)。

 ケニア、タンザニア、ロンドン、伊豆大島の大旅行になりましたね。人生を変える旅になるような気がして、アフリカへ行く飛行機の中で、クラシック音楽を聴いてひたっていたなぁ。

 それまで、「20世紀最後の正統派アイドル」と呼ばれた時代から、多くのグラビア撮影や写真集をやらせていただいていました。ですから、幸せなことに、パリやニューヨーク、ミラノ、はたまた南の島まで、さまざまなところで写真を撮っていただきました。

 変な話なんですが、誰かほかのタレントさんの写真集を見ても「あ、マンハッタンだとやっぱりここで撮るよね~」なんて、すぐ場所がピンと来ちゃうくらいだったんです(笑い)。

関連記事

トピックス