グラビア

高橋由美子 「生々しくてヤバい」写真集の秘蔵カット

高橋由美子26歳時の写真集『由美子』より


「被写体の私が年を重ねて変化しているのだから、風景も変化したほうがいいよね。よし、誰も行ってないところで撮ろう……」と当時は考えて、アフリカに行きたいって思ったんです。

 ちょうどその数か月前にテレビのお仕事で一度行ったんですけど、人がただ、「息を吸って、ごはんを食べて、生を営んでいる物体」でいられる場所なんですよ。自然のなかで、自然のままでいられる姿が、美しくて美しくて。撮られるならあそこだ!と。

 黒い下着でベッドに横たわっている写真は、タンザニアのホテルで撮りました。コテージのような建物で、私が横たわっている窓の外には野生動物が来ちゃうんです。この写真のすぐ外にはシマウマやハイエナなんかがいる感じなの! そんな中で撮影しました。

 アイドルから女優に変わる、そんな転機の時期だったから、いろいろと考えたり、感じたりすることがあったんだと思います。

 この写真集ではスタイリストをつけずに、なにを着て撮るか、全部、自分で決めることに。撮影に入る1か月前くらいに、衣装の買い物に出かけました。代官山のお店に入って、「あれと、これと……あれもいいんじゃない?」ってふうに。「彼と旅に出るならば、どんなものを身につけるだろう?」と考えたりして買いそろえるのは楽しかったな。

 白い下着の写真も、伊豆大島にフェリーで渡って、ひなびた宿で撮ったものだけど、あれも、自分で選んで買った下着です。撮影が終わったあとも、ずっと日常で使用もしてました。私物になっちゃって。

 それくらい、普段使いするような感覚で選んだ服や下着ばかりで撮って、ヘアメイクも自分でやったということもあり、写っている写真はどれも……もうね、素の高橋由美子というしかないですね。

 自分が積極的に関わることで、自分が初めて認められた気がしました。その甲斐なのか、写真集を見た男友達に、「こんなに生々しい由美子が写っててヤバくない?」といわれましたね(笑い)。

◆高橋由美子(たかはし・ゆみこ):1974年1月7日生まれ。埼玉県出身。身長154cm。1989年にドラマでデビュー後、翌年歌手デビューし「20世紀最後の正統派アイドル」と評される。現在、ドラマや映画、舞台を中心に活躍し、「さいたま市観光宣伝部長」を務める。11月30日~12月11日に東京・アトリエファンファーレ高円寺で舞台『世界を繋ぐ方法』に出演のほか、来年3月から東京、名古屋、大阪で公演のミュージカル『花・虞美人』に出演予定。公式サイトは、http://www.connie.co.jp/

撮影■細野晋司

※週刊ポスト2016年12月9日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン