スポーツ

「大谷翔平はメジャーでも二刀流可能」その根拠

2017年は世界規模で注目されることになりそう

 大谷翔平の価値が、いよいよ国境を超えて試されることになりそうだ。米メジャーリーグの情勢に詳しいスポーツジャーナリストの古内義明氏が指摘する。

 * * *
 日本ハムの大谷翔平が、入団5年目の史上最高額となる2億円7000万円(推定)で契約更改した。加えて、早ければ高卒5年目となる来年オフにポスティング・システムを利用してのメジャー挑戦を容認されたという。

「大谷は、メジャーで二刀流が可能か否か」

 多くの野球ファンの興味はこの一点に尽きるだろう。私の答えは「イエス」である。

 確かに、メジャーの先発として、「30回先発と200イニング登板」は一流の証であり、大谷にも高いハードルが求められることになる。その他にも、大谷を待ち受ける心配の種は尽きない。

 例えば、シーズンは日本の144試合よりも多い162試合であり、最長23連戦というタフなスケジュール。東西で3時間の時差と広い北米大陸の気候の違い、堅いマウンドと滑るボールに適応する必要がある。

 それでも、大谷がメジャーの球団にとって、多くの選択肢を与える存在になることは可能だ。

 アメリカンリーグは指名打者制(DH制)があり、登板間隔を空けて休養を与えたい場合、相手が右投手とのマッチアップの場合など、選手起用の幅を広げるオプションになれる。また、ナショナルリーグでは投手が打席に入るから、相手にとって、大谷は厄介な存在になるし、代打という起用法も出てくるだろう。

 現に、大谷には、いいお手本になる投手がいる。サンフランシスコ・ジャイアンツのバムガーナーだ。現役投手最多となる通算13本塁打を放ち、シルバースラッガー賞も2度獲得している。

 その彼が今季、DH制のあるインターリーグのアスレチックス戦に「9番投手」で出場。マウンドでは6回1/3を投げて7安打4失点で9勝目を上げ、打席では2塁打を放って勝利に貢献。メジャーでは40年ぶりの「リアル二刀流」を実現させている。

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン