• TOP
  • 芸能
  • SMAPの長い道のり 転機は初紅白から3年後の1994年

芸能

2016.12.20 11:00  女性セブン

SMAPの長い道のり 転機は初紅白から3年後の1994年

デビュー以来23回出場してきた紅白だが…

《いつまでもSMAPの吾郎ちゃんでいてください》
《吾郎ちゃんSMAP中間管理職はあなただけ》

 12月8日、東京新聞は、この日誕生日を迎えた稲垣吾郎(43才)とSMAPへのメッセージで埋め尽くされた。その数、なんと230件。これまでも、同紙の個人広告欄『ToKToK』は、ファンの思い思いのメッセージを載せられる場所として利用者が殺到していた。

 SMAPデビュー25周年記念となった9月9日には84件を掲載。通常、広告欄は紙面の3分の1だが、この日は1面すべて使ってもあふれるほどだった。さらに『世界に一つだけの花』はついに300万枚の売り上げを突破し、ファンの声を集めた署名37万筆を事務所は受け取った。

 年末が近づくにつれ、高まるファンの熱量。だからこそ、2016年の終わりを彼らのステージで締めくくれないことに、動揺を隠せない。『紅白歌合戦』(NHK)にSMAP出場の予定がないことが発表され、NHK側はまだ出場の可能性をあきらめないとしながらも、今なお、調整できていないからだ。

 彼らがデビューした1991年以来、23回にわたって出場してきた紅白は、メンバーたちにとっても特別だった。特に中居正広(44才)にとっては、6回も司会を務めていることもあり、その思い入れは格別。2008年の紅白リハーサルでは、5度目の司会を務める中居へ「もう慣れたのでは?」との質問が飛んだが、彼は、即座にこう返答した。

「慣れないです! これはまあ歌もそうなんですけど(笑い)、毎回ヤバイですね。ホント、ヤバイんですよ(笑い)。5人も、紅白で歌う前って、いつもと違う感じなんですよ。ちょっと、キュッとなるんです。『よし! やろう!』みたいな。ちょっとなんか、手をつないじゃったりするような雰囲気になるんですね…」

関連記事

トピックス