スポーツ

2016.12.26 16:00  週刊ポスト

箱根駅伝、2区・権太坂は「給水」の名所

オムワンバ棄権ポイントで同じポーズを取る博士

 ついに箱根駅伝が迫ってきた。陸上長距離専門ウェブメディア「EKIDEN NEWS」の“博士”こと西本武司氏と相棒の“マニアさん”による、観戦ガイド【2区】をお届けしよう。

◆23.1km 区間記録:1時間6分4秒/M・モグス(2009年、山学大)

【1月2日9時1分】各校エースは「市場公園」で体を温める

 鶴見で現場観戦するなら中継所から小道を入った先の「市場公園」には立ち寄っておきたい。「花の2区」走者がストレッチやアップをしており、出走直前の独特の緊張感を味わえる。バランスボールに乗って「青トレ」中の青学大・一色恭志(4年)の姿が見られるかも?

【1月2日9時30分頃】オムワンバが倒れた「野々山歯科医院」前

 エース区間だけにアクシデントが起きれば衝撃は大きい。2014年、山学大のオムワンバ(現・三菱日立PS長崎)は序盤に5人抜きを見せた後、横浜駅付近から足を引きずり始め10km手前で倒れた。今回、当時の映像から棄権ポイントを横浜市西区の野々山歯科医院前と特定。平地で続く2区前半は遅れを取り戻すため序盤から飛ばすランナーに注目だ。

【1月2日9時46分】権太坂は「給水」の名所である

 高低差40mを登る2区最大の難所。苦しむ走者への「給水」が名場面を生む。2013年東海大の「村澤→早川」(本文参照)のように関東学生連合チームのドラマもある。今回は87回連続出場が途絶えた中央大のエース・町澤大雅(4年)から後輩の堀尾謙介(2年)への給水などもあるかもしれない。全16か所の給水地点をMAPに記した。エントリー表と対照して当日を迎えよう。

【1月2日9時55分頃】マネージャーが集うファミリーマート

 2区終盤での監督の声かけスポットが「不動坂交差点」。直後に2つの上り坂が待ち構える。東洋大の酒井俊幸・監督は前回、エース・服部勇馬に「お前が目指すのは世界だ!」と檄を飛ばし、服部は区間賞に輝いた。その約100m手前、「ファミリーマート エクセレンス不動坂店」付近では各校のマネージャーがタイムを計測する。店内にイートイン席があり、温かいドリンクを飲みながら選手の到着を待てる特等席だ。

撮影■マニアさん

※週刊ポスト2017年1月1・6日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス