• TOP
  • 国内
  • カジノQ&A 1日どれくらいお金が動く? 入場料はある?

国内

2017.01.31 16:00  女性セブン

カジノQ&A 1日どれくらいお金が動く? 入場料はある?

今さら聞けないカジノQ&A(写真/アフロ)

 日本では昨年末、衆議院で、カジノを合法化し解禁する「統合型リゾート(IR)整備推進法案」が可決した。同法案が成立しても、すぐにカジノがつくられるわけではない。しかし近い将来、日本にカジノが登場するかもしれない。そこでカジノについて、Q&A形式で解説する。

Q:カジノのはじまりは?
 16世紀にヨーロッパのカードゲーム好きの王侯貴族の間で広まった社交場だった。それがアメリカに渡り、ネバダ州で合法化され、1940年代には、ラスベガスがカジノの町として発展した。

Q:代表的なギャンブルは?
 世界のカジノで共通しているゲームはおもにルーレット、ブラックジャック、バカラの3つ。そのほかにポーカーや、マカオなどのアジア圏には、さいころを使った大小というゲームもある。マシンはスロットマシーンやビデオポーカーなどが有名。

Q:カジノに集まるのはどんな人?
 一般庶民から富裕層まで、幅広い人々。上客はハイローラーと呼ばれる。「high roller」は米国のスラングで「賭け事で大金を賭ける人、向こう見ずな勝負をする人、金遣いの荒い人」という意味。年間で1000万~1500万円程度を使う人が「小VIP」で、「VIP」は年間10億~20億円を使うといわれている。「超VIP」になるとその額はなんと年間100億円。

 ちなみに一般向けには、ゲームで使ったお金によりポイントが加算されるメンバーズカードの優待制度がある。貯まったポイントはキャッシュバックやホテル宿泊割引などに使える。またカジノでのプレイ実績に応じてランクアップされ、レストラン利用が無料になったり、空港までのリムジン送迎サービスなどの特典がつく。VIP以上になると、ビジネスクラスやファーストクラスの航空券や飲食代・宿泊費が完全無料になり、超VIPはプライベートジェットでの送迎となる。

Q:ドレスコードはあるの?
 アメリカのカジノにはドレスコードはない。ワンピースを少しゴージャスにしたようなドレスを着ている女性もいれば、ジーンズにTシャツの人も。一方、ヨーロッパのカジノにはドレスコードがあって、女性はイブニングドレス。男性はジャケットとネクタイ着用が定められている。

関連記事

トピックス