国内

石原慎太郎を追い込む小池百合子の強い心 源流は亡き母

「男性的権力者の典型」に果敢に立ち向かう小池氏

 小池百合子東京都知事(64才)が誕生してから、間もなく200日。目下の課題は、次々とトラブルが発覚する築地市場の豊洲移転問題だ。

 2月3日、定例会見で小池氏は、移転を推し進めた石原慎太郎元都知事(84才)に向け、「これまでどのようにして決断をしてきたかを、明確にされるべきではないかと思っています。逃げてしまっているという印象はよくないんじゃないか」と啖たん呵かを切った。

 その2日後、石原氏は約4年ぶりにツイッターを更新。

《小池知事による豊洲問題に関する質問状に対し、私が具体的な回答をしていないということであるらしいが、それは間違いです。私は全ての質問に対し、ひとつひとつ記憶を遡りながら誠意をもって回答した》

 石原氏は小池氏の言葉に猛反発の姿勢を見せているが、彼女にひるむ様子は一切見られない。豊洲移転問題、五輪費用問題、知事給与の半減、政治の透明化と奔走してきた都政改革が、今、ひとつの山場を迎えようとしている。

 破竹の勢いに乗る小池氏のスタート地点にあったのは、皮肉にも石原氏の一言だった。

「大年増の厚化粧がいるんだな、これが」

 都知事選が佳境を迎えた昨年7月、石原氏は小池氏のことをそう口撃した。

「でも、小池さんはすぐさま街頭演説で“そういうことはしょっちゅう言われている。でも、女は聞き分けがいい、使い勝手がいいなどとは絶対に思わせない”と返す刀で反撃して、聴衆から喝采を浴びました。さらには“(化粧は)顔のあざを隠すため”とサラリと明かし、石原氏はイメージダウン。その一件で、小池さんは“旧態依然とした男性社会に立ち向かう女性”の代表となりました。石原さんは今になってあの一言を悔やんでいることでしょう」(政治記者)

 都知事就任後に立ちはだかったのは、彼女が“都議会のドン”と名指しした内田茂都議(77才)だった。都政改革を巡って正面から対立。

「小池さんが初登庁して就任挨拶に行った時には、内田さんはタイミングを計ったように不在。さらに内田さんの側近の川井重勇議長(69才)は手を後ろに回して握手を拒否し、写真撮影もしなかった。それでも、2月5日に投開票が行われた東京・千代田区長選では、小池氏が推す現職が、“内田派候補”に約3倍の大差をつけて圧勝。小池さんと内田さんの“代理戦争”といわれましたが、役者が違った。内田さんは引退を決意したといいます」(前出・政治記者)

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン