• TOP
  • ライフ
  • 「難民の子供向け学校設立したい」 女子大生AV女優の夢

ライフ

2017.02.24 16:00  週刊ポスト

「難民の子供向け学校設立したい」 女子大生AV女優の夢

女子大生たちがAVに出演するようになる契機とは

 身バレ、顔バレなどの様々なリスクを考えると、AV女優になるハードルは高いかと思いきや、昨今、女子大生AV女優は右肩上がりに増え続けているのだという。都内の有名私大2年生の坂井亜美さん(20)がAV出演したのはこんな理由からだった。坂井さんが語る。

「私は奨学生なんですけど、入学早々に授業料を遊びに使っちゃったんです。マズイと思って、すぐに高収入のバイトを探している時にスカウトマンに出会い、1年生の夏にAVデビューしました。

 それまでの経験は1人だけでしたが、AV出演への抵抗感はゼロ。むしろ“可愛くもない私がAVに出ていいのか”、“私のエッチがお金になるのだろうか”という不安のほうが大きかったです。AVって、きれいな人しか出られない仕事だと思うので……」

 作品中では「人妻」などと偽プロフィールで身バレ対策をしていたという坂井さん。しかし、出演作品が大手動画配信会社『DMM』のランキング上位に入ったことで、男子学生にバレてしまいピンチを迎える。

「噂はあっという間に学内に広がりました。私のことを二度見し、コソコソ話す男子学生が増えました。食事の誘いも増えて、ついていったら普段は大人しい男友達が興奮しながら私の胸を触ってきたり……私がAV女優だと知ってから豹変しちゃったみたいなんです。そういう関係が嫌になったのと、AVの撮影現場が楽しかったこともあり、学校を辞めてAV一本にしちゃおうかとも考えました」(坂井さん)

 そんな坂井さんを思い止まらせたのは、事務所の社長だった。

「“AVを辞めた後の人生のことも考えなさい”と言われて、“私は英文科の女子大生なんだ”って我に返りました。今は英語を生かせる仕事に就きたいと思っています。ゆくゆくは黙ってても収入が入るアパートの経営者になりたいな。日本にやってきた外国人就労者のための賃貸物件をたくさん持って。稼いだお金で難民の子供たちに向けた学校も設立したいです」

 こんな夢を語れるのも、女子大生AV女優ならではなのかもしれない。

※週刊ポスト2017年3月3日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス