芸能

宝塚合格者 松岡修造長女合格、最後の挑戦・黒木瞳長女は?

宝塚に一発合格した松岡修造の長女・恵さん

「“修造さん、がんばりましたね”って言われるんですけど、ぼくは何もがんばってなくて、がんばったのは娘です。父親としては、娘がやりたいことをどこまで貫くか楽しみにしたい」

 あの“日本一熱い男”松岡修造(49才)なので「やったぞー!」と飛び跳ねながら大喜びするかと思いきや、意外にも冷静な、愛娘への祝福の言葉だった。

 3月30日、受験者数1042人、倍率26.1倍という狭き門をくぐり抜けた宝塚音楽学校第105期の合格者40名が発表された。その中で一際注目を集めたのが、松岡と元テレビ東京アナウンサーの田口惠美子さん(51才)夫妻の長女・恵さん(17才)だった。

「身長169cmのスラリとした体形に、ご両親に似て整った顔立ちとシャープな目元にファンからの期待もすでに膨らんでいます。がっちり固めたリーゼント姿で合格発表にきたことから男役志望ということは伝わってきますが、上品で美しい容姿に“彼女の娘役を見たい”という声も聞こえてくるほどです。宝塚の受験は2度、3度と挑戦するのが当たり前の世界ですが、恵さんは一発合格でした」(宝塚関係者)

 松岡家と宝塚の関係は深い。そもそも、松岡の曾祖父・小林一三は阪急グループの創始者で、宝塚歌劇団の創設者だ。父親は映画会社・東宝(“東京宝塚”の略)の名誉会長で、母親は宝塚第44期の千波静。しかも、千波の姉・淳と妹・薫も元タカラジェンヌで、かつて花組トップスターだった蘭寿とむ(41才)は薫の息子の妻。さらに薫の娘・千波ゆう(現・田中里衣・45才)も宝塚出身。恵さんは“華麗なる一族”のサラブレッドなのだ。家族一丸となって受験に臨むケースは多い。

「トップ娘役として活躍した黒木瞳(56才)さんは、長女を宝塚に入れるために幼少からバレエ教室に通わせていました。何度か受験したとも聞きますが、受験資格の年齢的にラストイヤーだった今回の合格者に名前はありませんでした。無念だったでしょうね」(別の宝塚関係者)

※女性セブン2017年4月20日号

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン