• TOP
  • ライフ
  • 宝くじ 億万長者誕生させた福娘や「奇跡の売り場」の教え

ライフ

2017.05.09 16:00  週刊ポスト

宝くじ 億万長者誕生させた福娘や「奇跡の売り場」の教え

『亀戸駅前北口売り場』(東京)の加藤美奈子さん

 5月10日から発売される「ドリームジャンボ」は1等・前後賞合わせて7億円(17本)。同時に1等1億円(24本)の「ドリームジャンボミニ」も売り出される。一攫千金を夢見る宝くじファンに宝くじ評論家・山口旦訓氏が勧めるのは「幸運を呼ぶ福娘」がいる売り場である。彼女たちを味方に付けて億万長者を目指したい──。

 70年を超える宝くじの歴史の中には、“代替わり”をしながらも人々に福を届けてきた伝統ある売り場がある。

「億万長者を生み出してきた老舗売り場は、“看板娘”や“開運おばあちゃん”など女性が店を切り盛りしているケースが少なくありません。幸運を“産む”のはやはり女性の力のようです」(山口氏)

 そんな“女神”のいる売り場の中でも、母娘2代で大当たりを振る舞ってきた“福娘”を紹介する。

 1人目は、店頭に「開運・亀の子たわし」が飾られていることで有名な『亀戸駅前北口売り場』(東京)の加藤美奈子さん(48)だ。

 1999年から2012年までの14年間で11人の億万長者を誕生させてきた同売り場に座っていたのが美奈子さんの母・礼子さん(74)だった。だが、2013年に礼子さんが体調を崩し、美奈子さんにバトンタッチ。しばらくは大当たりから遠ざかっていたが、昨年のオータムジャンボで1等・前後賞5億円を出した。

関連記事

トピックス