芸能

松田聖子と神田沙也加が2人きりの内祝 「決別」はウソ

沙也加と村田は半同棲生活を経てゴールイン

 2人が並んでワイングラスを傾ける姿を見ると、まるで仲のいい姉妹のようだ。4月中旬、都内にあるフレンチレストラン。重厚な木の扉を開いた先にはホワイトとブラウンを基調にしたホールがあり、奥には人目を遮れる個室がある。その店を2か月に1度ほどは訪れるという松田聖子(55才)が個室のテーブルについていた。

 その日の直前、本誌・女性セブンが聖子の娘・神田沙也加(30才)が育んでいた新しい恋を報じた。聖子の前に座っていたのは、その沙也加だった。親子水入らずのひととき。母娘の会話は自然と恋バナに。そしてその2週間ほど後に発表されることになる結婚に及んだ。笑顔溢れる2人は幸福オーラに包まれていた。

 本誌が沙也加と俳優・村田充(39才)の交際を報じた約3週間後の4月26日、ふたりは結婚を発表。昨年夏の舞台共演で急接近し、交際半年ほどでのゴールインとなった。

 おめでたいニュースの一方で、「母娘の断絶」関係がクローズアップされた。沙也加の父・神田正輝(66才)が娘と村田とのスリーショット写真を披露し、「初孫の顔が見たい」と祝福のコメントを寄せたのに対し、母・聖子からは娘の結婚に一言もコメントがないままだからだ。

 沙也加も、報道陣から「お母さんに報告は?」と問われた際、「ごめんなさい…」と口を濁した。5月1日に聖子がかかわる事務所から新事務所に移籍したこともあり、各マスコミは「聖子への反逆婚だ」「聖子に結婚報告すらしていない」とこぞって報じた。

 だが冒頭のように、沙也加の結婚報告直前に母と娘は2人きりで内祝をしていた。ならばなぜ、母は娘の結婚に口をつぐむのか。2人の「本当の話」とは──。

◆「事務所独立は母娘の決別」のウソ

 デビュー37年目を迎えた聖子の近況は多忙だ。今年3月29日には初のジャズアルバム「SEIKO JAZZ」をリリース。構想に6年を費やし、米国の人気オーケストラをバックに従えた力作だ。5月12日には同アルバムが米国の名門ジャズレーベルから発売される。

「米国での成功を悲願とする彼女の意気込みは相当なもので、最近はプロモーションで現地に滞在することも多い。今は日本と米国を行ったり来たりの忙しい毎日を送っています」(聖子を知る関係者)

 本誌がキャッチした冒頭の会食は、束の間の帰国の合間を縫った母娘の邂逅だった。

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン