芸能

関ジャニ∞大倉忠義 初の単独主演舞台は「難解すぎる」

 舞台『蜘蛛女のキス』(6月18日まで、東京グローブ座にて公演中)で主演を務めている関ジャニ∞の大倉忠義(32才)。アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスにある刑務所に、2人の男が収監されている。政治犯のヴァレンティン(大倉忠義)と、未成年者に対する背徳行為で捕まったモリーナ(渡辺いっけい)。正反対な2人が、徐々に心を通わせていき──。

 意外にも舞台出演は約9年ぶり、初単独主演、初の歌もダンスもない“ストレートプレイ”で2人芝居に挑戦する大倉忠義。“この愛にからめとられる。”という印象的なフレーズが冠された舞台に立つ彼に、さまざまな「愛」について語ってもらった。

◆愛するコト

「おいしいお店を巡ること! でも、お酒を飲んで熱く語ったりするの好きじゃないんですよ(笑い)。たまに、真剣な話になることもあるけど、食事の時には楽しく話したいから。いっけいさんとも一度、食事に行きました。でも、プライベートなことはまだ、全然知らないんです。“近すぎない距離感”のほうが、今回の舞台をやる上ではちょうどいいと思うので」

◆追求愛

「設定がブエノスアイレスなので、南米のことはいろいろ調べました。刑務所の中の話だけど、自分が知っておいたほうがいいな…と思うことは勉強したんです。南米は美女が多いらしいと聞いたことがあるんですけど、写真を見ていたら、確かにめっちゃきれいな人が多くて! もし生まれ変わるとしたら、そのあたりに生まれたいな(笑い)」

◆舞台愛

「ストレートプレイも単独主演も初。初めてでやるには難解すぎると演出家さんに言われました(笑い)。2人芝居で、いわばどちらも主人公なので、“座長”みたいな意識はないですね。演出家さんと(渡辺)いっけいさんと3人で、少しずつ丁寧に作り上げている感じ。苦しみもあるけど、役について考える時間はぜいたくで楽しいです」

◆仕事愛

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
尹錫悦・大統領(右)の対日協調路線は、李在明氏の影響で…(写真=AA/時事、AFP=時事)
韓国・尹錫悦大統領、ライバル・李在明氏の国政進出で早くも反日転向か
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
二階派に動き?(時事通信フォト)
二階俊博・元幹事長に不気味な存在感 日韓関係修復で総理を出し抜く計画か
週刊ポスト
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン