• TOP
  • 国際情報
  • 飛行機便所に流れたダイヤの指輪、無事戻るが落とし主に批判も

国際情報

2017.06.13 07:00  NEWSポストセブン

飛行機便所に流れたダイヤの指輪、無事戻るが落とし主に批判も

飛行機のトイレに高級指輪を落としたら…?

 カタールのドーハから中国浙江省杭州の国際空港に向かっていたカタール航空便で中国人女性乗客が航空機内のトイレで、誤って2カラットのダイヤモンドの指輪を便器に落として、そのまま流してしまった。指輪の値段は30万元(約500万円)だったという。

 しかし、客室乗務員が到着後、空港の清掃部門に連絡。清掃員が汚物まみれになりながら、問題のダイヤモンドの指輪を発見したことが報道され、ネット上では称賛の声であふれたが、一方で指輪を落とした乗客は作業を見ているだけで、手伝わなかったことに批判の声が寄せられている。

 客室乗務員から連絡をつけた空港の清掃部では航空機の汚物をためるタンクからホースで、その中身を大型のビニールプールに流し込んだ。

 そのなかに作業員2人が入り、素手で内容物をかき分けて、約2時間かけて、ダイヤモンドの指輪を発見し、無事に落とし主の乗客の元に戻った。指輪は水で洗った後、薬品で消毒されたという。

 このことがネット上で紹介されると、汚い作業も最後まで投げださずに成し遂げた清掃員の献身的な仕事ぶりに称賛の嵐が巻き起こった。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス