芸能

住吉美紀 生放送ラジオは「人間臭さや生の感情を隠さない」

ラジコのタイムフリー機能でライブ番組を楽しんでいるという住吉美紀

 音楽の解説しかり、“1対1で語りかけてくる”のがラジオの最大の持ち味。いつの世もその距離感や親近感がリスナーを魅了してきた。

 普段ならありえない本音がぽろっと出てしまうのも、ラジオの魔法だ。2016年12月のSMAP解散の直後、「メンバーが本当のことを話してくれるかもしれない!」とファンが希望を胸に耳を傾けたのがラジオだったのも、その距離感を求めてのことだろう。

 ラジオは、「声だけだからこそ、ごまかしがきかない」と語るのは、元NHKアナウンサーの住吉美紀(44才)だ。現在は、毎日を元気に過ごすための生活情報を届ける番組『Blue Ocean』(TOKYO FM)のパーソナリティーを務めている。

「体調が悪いのも、“こう言えばウケるかな”なんて考えも、声を通じてみんなわかっちゃう。リスナーさんから『住吉さん、あの話題興味なかったですね』なんて届くんですよ(笑い)。だから自分の人間臭さや嘘のない生の感情は隠しません」(住吉)

 ゆえに計算が通用しないといい、ド直球さがリスナーとの距離を縮めるという。

「生放送だからこそ、私自身もフレッシュな驚きや感動を表せるし、それはリスナーさんも同じ。先日は『お母さんが不倫しているのに気づいてしまった、どうしよう』って“昼顔”的な相談が20代のかたからきて、“え~っ!”ってなって。そうしたら放送中に『私の親もそう』『ウチも!』というメールがぽんぽん届いて、こんなに世の親は不倫をしているのかと。

“うそ、そんなことがあったの?”と、想像を超えるすごい体験がラジオの生放送には寄せられてくることが多いので、時にとても興奮します」(住吉)

 生放送のラジオについて住吉は、“リスナーへ空気を投げている感じ”とたとえる。

「悪い空気も弾んだ空気もそのまま伝わる、ライブ感。または自由度かな。ちょっとしたことで、みんなで盛り上がれるのがラジオの醍醐味。1つのメッセージをリレーしていく生放送は、私にとってもエンターテインメントなんです!」(住吉)

※女性セブン2017年6月29日・7月6日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
上島竜兵さんと竜兵会の面々
劇団ひとり 上島竜兵さんへの追悼ボケと『浅草キッド』に見る「お笑い師弟愛」の美学
NEWSポストセブン
“不仲説”について達川光男氏が答える(時事通信フォト)
達川光男氏が『サンモニ』関口宏との“不仲説”に弁明「娘にも心配されました」
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン