• TOP
  • 国内
  • 延命治療の中止を巡って最高裁まで争った女性医師の告白

国内

2017.07.02 07:00  SAPIO

延命治療の中止を巡って最高裁まで争った女性医師の告白

「あ、こちらへどうぞ」

 受付の係員に話しかけた後、須田が私を呼んだ。白衣を着た華奢な女性は、そのままそそくさと診察室に消え、私はその後を追った。

「なんかバタバタしていて、ごめんなさいね。メールも返さずになんだか……」

 この患者の数を見るだけで、彼女が多忙なのは判断できる。さっそく問いかけた。

 川崎協同病院事件のお話なんですが。

 須田は、最後まで聞かず、返答は早口で長かった。質問は遮るが、言いたいことは、とことん言う。それが須田セツ子だ。彼女は、「安楽死の認識はない」と断言した上で、治療中止の曖昧さについて語り始めた。

「心肺停止で運ばれてきた患者を心臓マッサージや吸引をさせたりして蘇生を試みるけれど、それだって10分やる人と1時間やる人がいます。どこまで続けるか、手を離した瞬間が死亡時刻になってしまう」

 須田の話を聞いている最中、私は、スイスのプライシック女医の顔が、突然、浮かんできた。世代も近く、女性である部分が重なったのだろう。一方で、奇妙な感覚に襲われた。スイスの女医は、末期患者やそうでない患者に対し、年間に80人以上の死を幇助し、私に安楽死の仕事を堂々と語る。それに対し、須田は、一人の末期患者を楽にしようと、筋弛緩剤を使用したことで「殺人者」となり、こちらに所々慎重な口ぶりで話す。

関連記事

トピックス