芸能

海老蔵の苦悩 麻央さんが眠るのは成田屋の墓か、小林家か

麻央さんが眠る場所はどこに?

 たくさんの花に囲まれた小林麻央さん(享年34)の遺影と骨壺が置かれた祭壇には、今、白狐の衣装に身を包んだ勸玄くん(4才)が「勸玄白狐、御前に!」と名乗りを上げる姿の写真が飾られているという。

 麻央さんとの永遠の別れから3週間。市川海老蔵(39才)をはじめ、麗禾ちゃん(5才)や勸玄くん、多くの関係者の胸にはまだ麻央さんを失った悲しみが深く刻みつけられている。

《今日からパパママもやります》

 麻央さんの死の直後、海老蔵はブログにそう決意を綴った。歌舞伎役者として舞台に立つ一方、2人の子供たちの世話に心を砕く毎日だが、ここにきて、海老蔵にはもう1つの悩みがのしかかっているという。

「麻央さんのお骨を成田屋の代々のお墓に入れるべきか、それとも小林家に返すべきか――海老蔵さんは、大きな選択を迫られているんです」(梨園関係者)

 麻央さんが亡くなったのは6月22日の夜。神道では、死後50日祭が終わったタイミングで納骨するのが通常だという。そうなれば、8月上旬にも麻央さんの納骨が行われる。

「歴代の團十郎や成田屋の関係者は、青山墓地内にある『成田屋墓所』に埋葬されてきました。父である十二代目・團十郎さんの納骨の際に、海老蔵さんはそこに新しいお墓を建てました。二十四代まで名前を刻めるものだそうです。当然、海老蔵さんは“遠い将来”に、麻央さんと一緒にそこに入ることになると考えていたようです」(前出・梨園関係者)

 だが、麻央さんと海老蔵の夫婦生活はわずか7年で終わりを迎えた。

「海老蔵さんは、“麻央と一緒に生きる”と公言していますが、歌舞伎界の中心に鎮座し、最も歴史のある成田屋で、将来大名跡である團十郎を継ぐことになる海老蔵さんに、ご贔屓のお客様の対応などを一手に引き受けるおかみさんの存在は必須だという声は多くあります。もし再婚となれば、いつか、前妻である麻央さんと、後妻のお骨が一緒のお墓に入ることさえ考えられます」(前出・梨園関係者)

 前妻と後妻が同じ墓に入ることはタブーではない。歌舞伎界でも同様だ。

「大正の名優六代目・尾上菊五郎は、前妻の死後、めかけだった女性を正妻に昇格させました。2人の妻は一緒のお墓に入っていますし、特別避けなければならないといった掟があるわけではありません。ただ、心情的な面もありますからね。後妻がそれを嫌がり、もめるケースもあるでしょうね」(別の梨園関係者)

 一般論としても、前妻と後妻のお骨を巡る問題は根深い。2012年に70才で亡くなった地井武男さんは、当初2001年に先立った前妻と同じ墓に埋葬された。

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト