• TOP
  • ライフ
  • 上杉謙信 敵に塩を送った史料なく「生涯不犯」にも重大疑義

ライフ

2017.07.16 16:00  週刊ポスト

上杉謙信 敵に塩を送った史料なく「生涯不犯」にも重大疑義

 一方、真田幸村に関しても“疑惑”が存在する。大河ドラマ『真田丸』の主人公・真田幸村。正しくは「信繁」で、生前の史料に「幸村」の名はまったく出てこない。初出とされるのは、大坂夏の陣が終わって60年近く経ってからまとめられた『難波戦記』だ。

 にもかかわらず、昨年の大河でも堺雅人演じる主人公・信繁が、息子にくじを引かせて名を「幸村」に変えることを決めるシーンが、終盤の見せ場の一つとしてはっきりと描かれた。「真田幸村」の“知名度”の高さは抜群であるにもかかわらず、本当にその名前だったかの真偽のほどは定かではないのだ。

※週刊ポスト2017年7月21・28日号

関連記事

トピックス