ライフ

【書評】永六輔の「六本木グループ」で一番才能があった喰始

【書評】『ワハハ本舗を創った男 喰始を語る』/タマ伸也・著(聞いた人)/ロフトブックス/1600円+税

【評者】坪内祐三(評論家)

 喰始というまさに人を喰った名前の人の存在はずいぶん前から知っていた。何しろ『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』の放送作家の一人だったのだ。一九六九年放映開始の番組だから喰始はまだ二十一歳か二歳の時だ。以降、『カリキュラマシーン』、『コント55号のなんでそうなるの?』、『ひるのプレゼント』、そして萩本欽一の『全日本仮装大賞』。舞台の人としては東京ヴォードヴィルショーやワハハ本舗。

 そのつながり具合が、永六輔、高田文夫、佐藤B作、高平哲郎、河野洋、柴田理恵、梅垣義明、佐藤正宏、久本雅美ら二十三名の聞き書きである本書によって初めて明らかになった。

 喰始がそもそもこの世界に入るきっかけを与えたのは永六輔だった。若き日、三木鶏郎の元にいた永氏はトリロー工房をまねたアジールを作った。つまり六本木の中心、アマンドの裏にアパートを借りて、そこを自由に使ってくれといって、キーを渡した。自由に、ということは、そば屋の出前も自由にとって良しということだ。

 そこに集まって来た若者「六本木グループ」の中で一番才能あったのが喰始だ。若き日の高田文夫が永六輔の元に弟子入り志願し、断られたことは高田氏が何度も書いているが、実は「六本木グループ」が解散した直後だったのだ。

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
イメージカット
妻を激怒させる「スイッチ」 昭和なジェンダー意識にご用心!
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン