芸能

岡田准一 有名建築家に設計依頼し5億円豪邸建設

岡田が交際中の宮崎あおい

 まさに私生活でも天下分け目の戦いを迎えていた。間もなく公開する映画『関ヶ原』で主演を務める岡田准一(36才)にとって、一世一代の大決心。今、岡田は一戸建てを建てているという──。

 坂をのぼると富士山も望める、都内でも有数の閑静な高級住宅街。著名人も多く住み、豪邸が並ぶが、その中でもひと際目立つ敷地がある。

「つい最近、工事が始まりました。土地は約230坪。このあたりは坪あたり150万~200万円が相場といわれるため、土地だけで約3億円ほどでしょうか。もともと2つに分かれていた土地を合わせて購入されたとあってかなり広い。都内の通常の戸建てでは軽く10軒が建つくらいです」(地元不動産業者)

 建築計画が張り出され、建築主の覧に岡田の名前を見つけると近隣の住人に驚きが広がった。

「こんな広いお家を買うなんて、ついに…と。なんか嬉しいですよね。近所には同じジャニーズの先輩であるTOKIOの国分太一さん(42才)が家族で暮らすお家もありますしね。都心ではないですが子育てや家族で生活するにはとてもいい場所なんですよ」(近隣住民)

 岡田と宮崎あおい(31才)の交際を女性セブンが報じたのはちょうど2年前の2015年8月のこと。友人宅で行われたパーティーに参加しているところだった。

「最近も都内をドライブデートしたり、スーパーで一緒に買い物する姿も目撃されています。ふたりとも食材へのこだわりが強くて、韓国料理の食材専門店を訪れたりすることもあるようですよ」(スポーツ紙記者)

 順調な交際が続いているというふたりだけに、近隣住人ならずとも「もしや」と期待してしまうが、具体的な予定はまだないという。

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン