芸能

渡辺謙 南果歩との話し合いは進まず「離婚してぇ」と漏らす

思わず本音がポロリ?

 どんな理由があろうとも、乳がん闘病中の妻を裏切る形で不倫をしてしまったことがそう簡単に許されるはずはない。それは誰より本人がわかっているはず。それでも男の口からは思わず本音が漏れた。

「あぁ離婚してぇ…」

 7月15日の会見を終えたその足でアメリカへ出国した渡辺謙(57才)の近況を、親しい知人が明かす。

「向こうでの仕事も立て込んでいたため、謙さんはまだ帰国していません。南果歩さん(53才)との話し合いもその後まったく進んでいない状況です。そもそも、会見の前からふたりはほとんど連絡を取っていませんでしたし、今後どうしていくかというのも不透明です。8月中旬に帰国する予定だといいますが…」

 会見で離婚について水を向けられた渡辺は「ぼくが今、言える立場ではないと思うんです。これから支えていきたいと思ってますし、今後どうなっていくかというのは、ゆっくりと軌道修正をしているところです」と苦虫をかみつぶした顔で、しかし離婚を完全否定することはなかった。

「自分から言えることではないけれど、果歩と続けるのはもう無理。気持ちが離れてしまっている。謝ることは謝る。でも、できれば離婚して、再スタートを切りたいと、ごく親しい人には話しているようです」(別の知人)

 2005年に再婚してから、自他共に認めるおしどり夫婦だった。特に、渡辺の南への献身ぶりは周囲も驚くほどだったという。

「あの謙さんが、というくらい果歩さんに尽くしていました。ドラマの現場にはマメに差し入れを持って顔をだすし、送り迎えはあたりまえ。友人たちと食事中でも果歩さんから連絡が入れば、中座して迎えに行くほど。海外に行けば果歩さんが欲しいという鞄を探して、ずっと買い物につきあったり…。いつも自宅には果歩さんのお母さんがいるし大変ですよね、と言われても愚痴るような感じもなく、果歩が喜ぶなら、という感じでしたから」(前出・親しい知人)

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン