国際情報

最新国際情報記事のRSS

中国軍の新兵検査、ネット中毒やTVゲーム中毒多数

2017.09.02 07:00

 約300万人という世界最大の兵力を誇る中国人民解放軍の新兵募集が締め切られ、武装警察部隊を含め合計

 約300万人という世界最大の兵力を誇る中国人民解放軍の新兵募集が締め切られ、武装警察部隊を含め合計5万2000人が筆記や実技、面接などの専門的な試験を受け、約2万9900人が一次合格した。だが、健康診断で太り過ぎや弱視、高脂血症などさまざまな疾患症状が見つかり、米軍の新兵検査よりも検査結果がはるかに劣っていることが明らかになった。

 中国人民解放軍機関紙「解放軍報」によると、合格した新兵候補生は今後、所属軍区傘下の軍の学校で教育を受け、最終試験を受けて、正式に兵士や将校候補生となる。

 だが、それ以前の問題として、一時合格者の健康診断でその17%に高脂血症や痛風などの原因となる尿酸値の異常がみられたほか、腎臓や肝臓の機能低下が顕著だった者が28%にも達したという。

 さらに、視力の低下や太り過ぎも多くみられたという。中国軍では身長が177センチならば、体重は87キロまで許容されるが、この基準は米軍よりも甘い数値だという。

 このほかにも、スマホやパソコンが手放せないというネット中毒やテレビゲーム中毒が疑われる者も多いという。

 これらの健康診断結果やネット中毒などについて、香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」は専門家の話として、次のように解説している。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP