• TOP
  • 国際情報
  • 中国で社名規制 「天安門事件」や「イスラム国」などはNG

国際情報

2017.09.03 07:00  NEWSポストセブン

中国で社名規制 「天安門事件」や「イスラム国」などはNG

奇をてらった社名は即刻、却下に

 中国政府における経済活動管理部門である中国工商総局は、「北京恐妻有限公司」「深セン1億儲ける実業有限公司」──などなど、意味不明で奇妙な社名などを登記すること禁じる33か条の禁止条項を発表した。中国内には長すぎたり、宗教や少数民族問題などの政治的に敏感な用語を使って社名にする企業もあり、今後は奇をてらった社名は登記時に即刻、却下されることになった。中国紙「法制日報」が報じた。

 中国のネット上では今年6月、「夢を持つ若者たちが牛おじさんの指導の下で生命の奇跡を創造するネット科学技術有限公司」という中国語で漢字39字と非常に長く、何をしている企業なのか分からない社名が評判となった。

 これに対しては「なんだこの会社は?」「牛おじさん、これ誰だ」などとの書き込みがみられた。

 実は同社の創業者の名字が「牛」で、従業員は10人という避妊具関連会社だという。とても、名前だけでは実態はつかめそうもない。このほか、同紙は、「あなたは何を見ているのか科技有限公司」「トラブルを抱えるITを問題なく探す杭州科学技術有限公司」「上海老婆最大電子商務有限公司」などをあげている。

 今回の措置では、「中国最大」や「国家最高」などの過大広告を思わせる社名や、「習近平」や「毛沢東」など国家指導者の名前を使ったり、「天安門事件」「イスラム国」などの政治的に敏感な命名なども企業名とは認められないという。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス