芸能

渡辺謙、斉藤由貴が不倫で大河降板に「やめてよ~」の思い

斉藤由貴の大河降板に頭を抱える渡辺謙

「主演らしく、鈴木亮平さん(34才)は撮影前に出演者1人ひとりに声を掛けるなどして、雰囲気作りにかなり気を使っています。ただ、不倫というキーワードはもちろん、“パンツ写真”以降、何が不用意に騒動に繋がる話題かわかりませんから、なんとなくみんな探り探りって感じですね」(NHK関係者)

 7月上旬にクランクインしてから間もなく3か月。来年のNHK大河ドラマ『西郷どん』は、そんなビミョーな雰囲気の中で撮影が進む。

 放送前に予期せずして話題をさらってしまったのが、出演が決まっていた渡辺謙(57才)と斉藤由貴(51才)がそれぞれ報じられた「ゲス不倫」だった。

 渡辺は今年3月、20才年下のジュエリーデザイナーとの「ニューヨーク不倫」が報じられ、7月15日に謝罪会見。

 一方の斉藤は、8月上旬に50代医師との手つなぎ写真がスクープ。一度は会見で否定したが、ふたりのキス写真や、医師が斉藤のものと思われるパンティーを頭に被った写真が続々報じられ観念。9月11日、FAXで不倫を認めた。

 斉藤はその後CMやラジオを次々と降板し、ついには21日、『西郷どん』への出演取りやめが発表された。

「斉藤さんの役柄は、北川景子さん(31才)演じる篤姫の女中頭で、後に将軍の妻候補にまでなる重要なもの。実は、彼女を見出すのが渡辺さん演じる島津斉彬なんです。不倫が報じられた2人の揃い踏みに良くも悪くも注目が集まっていました」(スポーツ紙記者)

 結局、“奇跡の共演”は実現せず、一方が出演、一方が降板という結果に。会見でついた“嘘”が明暗を分けたといわれているが、渡辺は斉藤に対して「降板はやめてよ~」と頭を抱えているという。

「“NHKは斉藤を切って渡辺を選んだ”といわれていますが、それは違います。スポンサーの顔色をうかがわなくてもいいので、NHKは民放テレビ局に比べてスキャンダルに寛容だといわれています。もちろん犯罪は言語道断ですが、不倫騒動ではNHK側から降板を要求することはないといわれています。つまり、斉藤さんの降板は、彼女が自発的に決断したということなんです。

 そうなると、“斉藤由貴は責任を取ったのに、のうのうと出演しようとしている渡辺謙はどうなんだ”という批判の声が集まりかねません。斉藤さんの降板によって、“悪目立ち”する渡辺さんはさらなる『針のむしろ』状態に追い込まれたんですよ」(芸能関係者)

 渡辺演じる島津はこんな言葉を遺している。

「勇断なき人は事を為すこと能はず」

 現代のサムライにとっての勇断は──。

※女性セブン2017年10月12日号

関連記事

トピックス

スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
堂安律
スペイン戦同点弾の堂安律 地元・尼崎の商店街で称賛続々も「やっぱり岡田阪神のほうが楽しみや」の声
NEWSポストセブン
W杯の解説者たち 本田圭佑らの“視聴者を助ける”ワールドクラスな「アシスト力」
W杯の解説者たち 本田圭佑らの“視聴者を助ける”ワールドクラスな「アシスト力」
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン