• TOP
  • 国内
  • 事故で娘を失った風見しんご、法の壁痛感 三原じゅん子動く

国内

2017.10.30 07:00  女性セブン

事故で娘を失った風見しんご、法の壁痛感 三原じゅん子動く

交通事故の撲滅を願い、さまざまな活動を行っている風見しんご

 6月5日、神奈川県大井町を走る東名高速下り線で発生した追突事故。静岡市在住の自営業・萩山嘉久さん(享年45)は中井パーキングエリア(神奈川県足柄上郡)で、出口をふさぐように停車していたワンボックスカーに向かって注意した。その後、運転手の石橋和歩容疑者(25才)が激昂。萩山さん一家の車を執拗に追跡して進路妨害を繰り返した上、“追い越し車線”に無理矢理停止させた。

 その直後、後方から大型トラックが一家の車に追突し、嘉久さんと妻の友香さん(享年39)が死亡。同乗していた長女(15才)と次女(11才)は軽傷で済んだが、一瞬にして両親を失った。こうしたあまりに横暴で悲惨な事故は後を絶たない。

 風見しんご(55才)は2007年1月に長女のえみるちゃん(享年10)を突然の交通事故で亡くし、今年で10年の節目を迎えた。えみるちゃんの事故から1か月後、風見は警察署を訪れ、事件現場の横断歩道に横断旗を設置してもらうよう頼んだ。以降、風見は交通事故の撲滅を願い、さまざまな活動を行っている。

「警視庁を窓口にして、『ぼくの経験でよかったら』といろいろな場所で講演をしています。交通犯罪の犠牲者遺族として、自動車や信号を変える取り組みもやっています。特に自動車は、昔は足回りやドライビングなど“早く走らせる技術”のCMが多かったけど、今は事故を防ぐための“早く止める技術”を重視するようになりました。みなさんの意識が変わって、“車が人を傷つけない”時代になろうとしています」(風見)

 そう語る彼がいまだに「大きな壁を感じる」とため息をつくのが、「法律」だ。

 今回の東名高速の一件での石橋容疑者の逮捕容疑は、過失運転致死傷罪。同罪は「7年以下の懲役または禁錮もしくは100万円以下の罰金」と定められている。これは通常の人身事故と変わらない刑罰で、罰金刑で済む可能性すらある。

 交通事故には、最高20年の有期刑を科す『危険運転致死傷罪』があるが、同罪の成立には、運転手の行為が酩酊運転、高速度運転、未熟運転、妨害運転、通行禁止道路運転、信号無視運転の6項目のいずれかに該当する必要がある。

 石橋容疑者の行為は「妨害運転」に該当しそうだが、危険運転致死傷罪が成立するには、彼の行為が「人を死傷させた」と認定されなければならない。交通事故問題に詳しい東京永田町法律事務所の加藤寛久弁護士が語る。

「高速道路の追い越し車線に車を停止させた石橋容疑者の行動が、嘉久さん夫婦を直接死傷させたかどうか、法的には判断が難しい面がある。それゆえ、警察は過失運転致死傷罪で逮捕したのでしょう」

 だが、石橋容疑者が危険運転致死傷罪での逮捕でなかったことについて、ワイドショーやネット上を中心に、「事件のきっかけを作っておいてなぜ?」という疑問が噴出。風見も同意見の1人だ。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス