国内

日米ゴルフ会談 トランプ氏の相手は安倍氏でなく松山選手

ゴルフ外交で「固い絆」と報じられたが…(写真:内閣広報室提供)

 新聞の凋落に歯止めがかからない。かつて朝日新聞は「リベラル紙」と呼ばれ、読売新聞や産経新聞は「保守系メディア」と位置づけられていた。しかし、その紙面は保守かリベラルかではなく、安倍首相が「好き」か「嫌い」かに極端に2極化し、権力の監視そっちのけでバトルに勤しんでいる。そして、ドナルド・トランプ米大統領が11月5日~7日にかけて来日した時は「何を食べたか」の報道ばかりが目立つ有様だった。

 新聞・テレビが「社会の木鐸」の使命を見失って久しいとはいえ、ここまで権力監視機能を失ったことはなかった。

 いまや政治家のスキャンダル追及は週刊誌に任せ、テレビはワイドショーで面白おかしく後追いするだけ。新聞は権力の顔色をうかがって疑惑が出ても深く掘り下げようとはせず、反対に権力に都合のいい情報しか流さない。

 業界的には勝ち組の読売が、安倍首相サイドに立って、加計問題を告発した前川喜平・前文科事務次官の“出会い系バー通い”を報じたことで「権力の手先に堕ちた」と読者の信頼を低下させたことは記憶に新しい。

 政策のチェックはなおのことできない。

 安倍晋三・首相が消費税引き上げを掲げても、新聞は増税が国民生活にどんな影響を与えるかを検証して報じようとはしない。新聞業界はまるごと「軽減税率」の恩恵を受けることが決まっている。“親アベ”と“反アベ”に対立しているように見えても、業界の利益擁護では一致しているのだ。

 だから政権の恫喝にはからきし弱くなる。菅義偉・官房長官は選挙前、テレビ局が国に支払っている電波料が“格安”であることに言及した。

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
国葬当日も行われた反対デモ(時事通信フォト)
フィフィ、“国葬反対”デモ隊に違和感を表明「セレモニーで静かに送り出すのは全世界共通の道徳」
NEWSポストセブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン