国内

泡沫候補 親の遺産相続で出馬環境が整うケース多い

選挙ポスターで人気のポーズをとる『黙殺』著者の畠山理仁氏

 落選を繰り返してもまた、選挙に立候補する人たちがいる。フリーランスライターの畠山理仁氏は彼らを泡沫候補ではなく無頼系独立候補と呼び、その独自の戦いを『黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い』(集英社)としてまとめ、2017年第15回開高健ノンフィクション賞を受賞した。畠山氏に、立候補できるだけでなぜスーパーエリートなのか、そして候補者だけでなく取材者も広告代理店もとりこにする選挙の魅力についてきいた。

 * * *
──選挙に出ようという人は特別な人で、世の中にはそんなにいないのではないかというイメージがあります。

畠山:たとえば去年の都知事選だと、選挙管理委員会に60人以上が書類を取りに来ました。立候補する人すべてを取材することに決めているので、書類をもらいに来た人すべてに告示日にも来るのか、供託金はすでに納めたのかなどを聞きます。ただ書類をもらいに来るだけの人もいますが、ほとんどのみなさんが告示ギリギリまで「出ます」「政策も考えています」と話して、選挙公報の下書きを送ってくれた人もいました。

──2016年の東京都知事選挙の立候補者数は21人でした。60人と比べると少ないですね。

畠山: 21人で多いといわれましたが、その影には、出馬の意思はすごくあったけれども、最終的に出られなかった人が40人いるんです。立候補するというのは、とてもハードルが高い行動です。だから、立候補者は、たとえ無所属でもスーパーエリートだと思って尊重しなくちゃいけない。それゆえ、選挙報道にありがちな「その他」にくくられるのは、ひどいと思っています。

──立候補する上で最も大きなハードルは何ですか?

畠山:やっぱりお金です。国政選挙の選挙区や知事選挙の300万円という供託金は高すぎます。お金の次にやってくるハードルは、家族や親族の反対ですね。選挙に出るなら離婚すると言われたり、子供が学校でなんと言われるのか分かっているのかと責められたりするそうです。

──それらのハードルを乗り越えてくるのは、どんな人たちですか?

畠山:初めて立候補する独立系候補者に、供託金はどうやって準備されたんですかときくと「去年、親が亡くなって」という答えをよく聞きます。立候補に反対する親が亡くなり、遺産を相続して環境が整うようです。といっても思いつきではなく、昔から政治に対する不満をずっと持っていたという人が多いです。

──お金と周囲の反対さえなければ立候補はしやすくなるんですね。

畠山:とはいえ実際には簡単に出られないんですよ。準備しないとならないものが、他にもたくさんあります。住民票に戸籍抄本、戸籍名と異なる名前を使いたい場合はその届出書類、選挙運動で人を雇うための届出書類、出納責任者も決めて届け出ないとなりません。ほかにも供託証明書、候補者経歴書、選挙公報掲載申請書、政見放送申込書など、選挙管理委員会に提出する書類がたくさんあります。多くの場合はそれらをそろえて告示日より前に一度、選挙管理委員会にきて、事前審査を受けます。ここで書類の不備などをチェックしてもらって、立候補までにすべて揃えておくんです。

──選挙管理委員会には何度か足を運ばないとならないんですね。

畠山:普通は安全策としてそうする方が多い。ところが、もっとすごい人がいます。この事前審査を受けずに、当日いきなり選挙管理委員会にやってきて、すべての書類をパーフェクトに提出する人がいるんです。そして実際に立候補すると、今度はメディアから調査票作成を依頼されます。生まれ育ち、親族に政治家がいるか、この選挙で何を訴えたいのか、などを記入するものです。これが各社でフォーマットがバラバラなので、依頼してくる新聞テレビの数だけ調査票があります。さらに加えて消費者団体や社会活動をしているNPOなどからアンケートが来ます。団体ごとに掲げるテーマがバラバラなので、アンケートの種類も多いです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン
2050年には海洋プラスチックごみが魚の量を上回ると予測されている(写真/PIXTA)
「マイクロプラスチックが心臓発作や脳卒中の原因になりうる」との論文発表 粒子そのものが健康を害する可能性
女性セブン
攻撃面では試行錯誤が続く今年の巨人(阿部慎之助・監督)
広岡達朗氏が不振の巨人打線に喝「三振しても威張って戻ってくるようなのが4番を打っている」 阿部監督の采配は評価するも起用法には苦言
週刊ポスト
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト