• TOP
  • 国内
  • 【定点空撮】新国立競技場 完成まであと23か月

国内

2017.12.05 16:00  週刊ポスト

【定点空撮】新国立競技場 完成まであと23か月

完成まであと23か月(11月27日撮影)

 新国立競技場建設の空中から撮影し、進捗状況をレポートする本連載も今回が2017年最後となった。前回の撮影からわずか3週間で、スタンド最上部の3階までがほぼ組み上がった(11月27日撮影)。

 写真右手(東側)のスタンド地階部分を見ると、一部に板が敷きつめられている。この上が床となり、観客席が設置される。建築アナリストの森山高至氏が解説する。

「全体の骨組みはほぼ完成しました。向かって右手(東側)のスタンドとトラック部分に、東から差し込む太陽による影がくっきりと見え、競技場の高さがわかるようになりました。現時点で旧国立競技場とほぼ同じ高さですが、新国立競技場には屋根が設置されるので、最終的にはもう少し高くなるでしょう。

 来年2月頃になると、いよいよ内装・外装工事が始まります。時間と手間がかかる工事ですが、外壁は粉塵予防のため現場養生シートと呼ばれる白い布で覆われる可能性が高く、地上から建設の進捗状況が分かりづらくなるかもしれません」

●撮影/小倉雄一郎

※週刊ポスト2017年12月15日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス