芸能

四文字熟語あだ名が人気の滝沢カレン テリー「一生食える」

四文字熟語あだ名が絶賛される滝沢カレン

 ぶっ飛んだ日本語で人気となっているモデルの滝沢カレン(25才)。その才能が完全に開花したのが、今年7月に放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)だろう。

 滝沢は「最近、四文字熟語にハマっている」と明かし、堂本光一(38才)やアンジャッシュ・渡部建(45才)ら、出演者に次々と四文字熟語であだ名を付けていったのだ。そのとき堂本光一につけたあだ名は「感情不明」、渡部は「芸風過多」と名付けられた。

 ものの数秒で四文字熟語が浮かぶ反射神経もさることながら、その言葉選びも巧みなのだ。特に東野幸治(50才)に付けた「薄情大王」には“例えツッコミ”の名人といわれるフットボールアワー・後藤輝基(43才)までが、「ドンピシャ!」と舌を巻いた。

 メイプル超合金のカズレーザー(33才)も滝沢の四文字熟語に対して「言葉のセンスが本当に高い。町田康さんの本を読んだみたいな。若手芸人は嫉妬します」と明かしている。

 実際にあだ名を付けられた方はどんな気持ちなのか。『王様のブランチ』(TBS系)の名物コーナー「買い物の達人」でのハイテンションな仕切りで人気者となったタレントの鈴木あきえ(30才)は「万年笑顔」と命名された。鈴木はこう振り返る。

「私自身も、私のことをよく知るブランチスタッフも本気で爆笑しちゃいました。『天才!』の一言に尽きます。誰とも被らない、誰にも真似できない、独自のセンスをお持ちだと思います。

 学生時代、チアリーディングをやっていた私は癖なのか、自分でも気づかないうちに執拗に笑顔になってる時があるんです。良くも悪くも、そういう細かなところもしっかり見てくれていたんだなと嬉しかった。人間観察力がすばらしいですよね。それに褒めるだけじゃなく、少し皮肉も入ってるところが、すごく面白い」

 芸能界で「あだ名」といえば、今や日本を代表する司会者へと成長した有吉弘行(43才)だろう。一発屋芸人としてくすぶっていた彼を再びスターダムへとのし上げたのが、「毒舌なあだ名」だった。

 滝沢は有吉に続いて、芸能界の頂上で輝くことができるのだろうか。遅咲きのブーム到来の出川哲朗(53才)の“リアクション芸人”として才能を発掘した演出家のテリー伊藤氏(67才)が滝沢をこう評する。

「櫻井翔くんの『服装迷走』っていいじゃないですか! 今田耕司さんの『独身番長』もうまい! 一生食っていけるんじゃないの、稲川淳二さんみたいに(笑い)。いやー、正直、こんなに頭がいい子だったとは知らなかったなぁ~(笑い)。まあ、彼女が試験勉強で高得点取るかっていったらわからないけど、芸能人としての身体能力はとても高いと思いますよ。この時代でしか感じない感性。才能だと思いますよ」

※女性セブン2017年12月21日号

関連記事

トピックス

東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
NEWSポストセブン
輝きを取り戻せるか(写真/共同通信社)
打撃不振の阪神・佐藤輝明のパワーはどこに消えたのか 囁かれる「第2の高山俊」の声
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
「女子アナブームの時は週刊誌にすごい撮られました」と振り返る元フジテレビ・中村仁美アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#3】週刊誌に撮られたときの局内反応の違い
週刊ポスト
南野陽子が20年前に撮り下ろしていた秘蔵セクシーグラビア
南野陽子、20年前の秘蔵グラビア公開 「2002年のまぶしすぎるナンノ」
週刊ポスト
紅白歌合戦に揃って出場した松田聖子と沙也加さん(2011年12月撮影)
聖子と明菜の出場あるか、打ち切り説ある紅白の目玉に? 聖子は沙也加さんと“共演”の可能性も
NEWSポストセブン
8月8日の誕生日当日にバースデーイベントを行った逢田(写真/五十嵐美弥)
声優・逢田梨香子、バースデーイベント成功で明かした「30歳の抱負」
NEWSポストセブン
高校野球中継に放映権料がない問題をどう考えるか(阪神甲子園球場)
高校野球「放映権無料」の是非 甲子園出場校は寄付金集めに四苦八苦の現実
NEWSポストセブン
初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン