芸能

47歳で大躍進のテレ朝・大下容子アナ 人気急上昇の理由

Jリーグ開幕年に入社した無類のサッカー好き(写真:時事通信フォト)

「いきなりの“大躍進”に局内はびっくりしてますよ」──そう話すのはテレビ朝日社員。12月1日に発表されたオリコンの「好きな女性アナウンサーランキング」に“異変”が起きたのだ。

 5連覇を果たした日本テレビの水卜麻美アナ(30)、2位のNHKの有働由美子アナ(48)に続いて3位に急浮上したのは、テレ朝の47歳、大下容子アナだった。

 1993年に入社した大下アナは主にスポーツ番組を担当し、1998年から現在まで朝の情報番組『ワイド!スクランブル』(月~金)を19年担当している。今年9月に最終回を迎えた『SmaSTATION!!』も16年担当したが、人気に関しては“遅咲き”だ。

 昨年、初めて「好きな女性アナウンサー」の9位にランクイン。今回はカトパン(加藤綾子、4位)も、テレビ東京の大江麻理子アナ(5位)も、田中みな実アナ(6位)も飛び越えてのジャンプアップだった。この結果に「納得です」とコメントするのは女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏だ。

「SMAP解散騒動のなかで中立姿勢を貫き好感度を上げ、9月の『SmaSTATION!!』最終回での香取慎吾とのハグもさらに感動を呼んだ。それが一番大きかったと思います。一歩下がった、“優しいお姉さん”の振る舞いが、今の視聴者が求めるアナウンサーの理想像にはまったのでしょう。最近は美人なだけの“アナドル”に視聴者も飽きていて、派手すぎず、癒し系で、包容力があって、誰からも嫌われない──そのバランスを持った古風な大下アナタイプが人気です。これは若手アナには出せない魅力でしょう」

関連記事

トピックス

デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
鮎川さんと陽子さん。談笑するふたり(2022年5月撮影)
「シーナ&ザ・ロケッツ」鮎川誠さん、最後のバースデーライブで見せていた元パリコレモデル娘との“ひととき”
NEWSポストセブン
頻繁な社長交代が経営にどう影響するか(フジテレビ本社)
《速報》伝説の番組『オールナイトフジ』が4月から32年ぶり復活へ 司会に内定した「売れっ子芸人」の名前
NEWSポストセブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン