• TOP
  • 国内
  • 「荷受け代行」詐欺 SNSを通じて被害者続出の内幕

国内

2017.12.29 16:00  NEWSポストセブン

「荷受け代行」詐欺 SNSを通じて被害者続出の内幕

 あとで分かったことだが、和美さんがせっせと「荷受け代行アルバイト」の一環で業者に転送していた荷物の中身は、勝手に自分の名義で契約された携帯電話やタブレットだったのである。

 今、爆発的に利用者が伸びている「格安携帯電話」や「格安SIM」。免許証の写真などを撮影し、ネットを通して個人確認をするというかなり簡略化された契約方法で、そこに記載された住所へ携帯電話やパソコンが送られるという仕組みだ。荷物よりも請求書は後に届く。請求書が届くまでの間、和美さんはそうとは知らず、自分が支払うことになる携帯電話等を転送していた、とういうことになる。

 ネットバンクの口座も、似たような手口で開設が出来るため、当人に無断で作られた口座が、ブラックマーケットで流通しているとも噂される。個人情報と便利な仕組みを悪用した、新しい詐欺の形なのだ。

「騙されたという恥ずかしさから夫には言えずにいたのですが、二十五万の請求書が来て終わったと思いました。素直に白状し、警察にも行きました」

 実は、この手口の詐欺は、携帯電話会社やカード会社に相談するだけでなく、消費者生活センターなどの救済機関に相談すれば、解約金のみの支払いで済むケースもあるのだという。和美さんがなぜ全額を支払ってしまったのかといえば、第一には「そういった知識がなかった」こと、そして携帯会社からは「あなたが買ったと証明されているし、荷物もあなたの居住地に発送し、あなたの受け取りサインもある」と言われ続けるうちに「騙された自分が悪い」と思い込み、すっかり諦めてしまったからであった。

 警視庁は12月15日「荷受け代行」のアルバイトに応募した人物の個人情報を悪用し、携帯電話を勝手に購入契約したなどとして、無職の男らを逮捕。この報道を見て、自分を騙したのも、この無職の男らではないかと警察に再度連絡。二十五万円を取り戻せるのではないかと淡い期待を抱いたが……。

「被害が確認された事案に、私の名前、個人情報はなかったそうです。夫からは”バカ”と詰られ辛い。身に覚えのない携帯電話の解約にも、追加で三万円程度支払った。生活のためにと思ってやったことなのに」

 うまい話には裏がある、とはよく言ったものだが、和美さんのような境遇の女性を狙い撃ちにしているあたり、悪質性は相当高いと言える。また、和美さんが荷受け代行アルバイトに応募してしまったキッカケでもあるSNSの投稿は、その後人知れず削除されていた。

「おしゃれでかわいい、若いお母さんのSNSでした。とても良い生活をしていて、アルバイトをすれば、同じような生活ができると……」

 その人物は、SNS上で自身の派手な生活っぷりを披露し、多くのフォロワーを抱える、巷では“インフルエンサー”などと呼ばれる属性の女性だったことも、言い添えておきたい。荷受け代行の他にも、民泊施設へ荷物を届けたり、民泊施設に滞在し荷受けするなどといった「バイト」の募集も行っていた。

「なんでも疑わなければならない」という日常には嫌気がさすが、騙す側の手法は日々進化し、被害者をあの手この手で取り込もうとする。一時の憧れや羨ましさから、目が眩んでしまうこともあるかもしれないが、SNS上でのやり取り、特に相手が”見えたような気になってしまう”関係性だからこそ、情報を鵜呑みにしないよう注意すべきだ。

関連記事

トピックス