• TOP
  • ライフ
  • 食物の消化・吸収、便の排出だけではない「腸の免疫パワー」

ライフ

2018.01.17 16:00  週刊ポスト

食物の消化・吸収、便の排出だけではない「腸の免疫パワー」

 1995年に大阪大学の坂口志文教授らが発見した免疫細胞で、医学界では「ノーベル賞級の発見」と賞される。レグとは「regulatory(制御)」の略で、Tレグ細胞の正式名称は「制御性T細胞」である。

「Tレグ細胞はその名の通り、免疫細胞の司令塔として“外敵撃退”の命令を発する『T細胞』の暴走を抑えるブレーキ役となります。Tレグ細胞が“攻撃を中止せよ”というメッセージを出すことで、免疫細胞の攻撃がストップしてアレルギー症状が治まります」(山村氏)

 そのTレグ細胞が腸内で減少すると、免疫細胞の暴走を止められなくなり、アレルギー症状が発症する構図となる。

 そうしたなかで注目されているのが腸内細菌の一種「クロストリジウム属細菌」である。

「2013年にクロストリジウム属細菌がTレグ細胞を増やすという研究報告が発表された。この腸内細菌の働きにより、T細胞を増やすことでアレルギーを根治できるようになることが期待されています」(山村氏)

 免疫細胞の暴走で生じる疾患は、アレルギーだけではない。免疫細胞の攻撃が体内の正常な組織や細胞に向かうと、関節リウマチや膠原病といった「自己免疫疾患」が引き起こされる。

 その治療法を探るにあたり、山村氏は腸内細菌の一種「バクテロイデス属細菌」に注目しているという。この細菌はクロストリジウム属細菌と同様に、Tレグ細胞を増やすはたらきを持つことが、山村氏らの研究によって明らかになってきたのだ。

関連記事

トピックス