スポーツ

納谷 目元や体格は大鵬似、相撲の取り方は貴闘力を彷彿

大鵬の孫・納谷の期待値は横綱級!(イメージ写真/アフロ)

 朝8時を過ぎた頃、両国国技館では新人力士たちによる“前相撲”が始まっていた。普段、観客の入りはまばらだが、1月14日から始まった初場所では異変が起きている。

「早朝にもかかわらず、約300人の相撲ファンが押し寄せていたんです。これは前代未聞の出来事ではないでしょうか」(観戦したファン)

 昭和の名横綱・大鵬を祖父に、史上初の幕尻優勝を成し遂げた元関脇・貴闘力を父に持つ、角界のサラブレッド・納谷(17才)がデビューを果たしたからだ。

 身長188cm、体重166kgという恵まれた体を生かし、前相撲では3連勝。1月19日の祖父の命日には新序出世一番乗りを決め、出世披露では大鵬の現役時代の化粧まわしを着けて登場。祖父には遺影に手を合わせ、「前相撲で勝って、番付に載ります」と報告したという。

『知られざる大鵬』の著者で“スー女”でもある佐藤祥子さんは、納谷の非凡な才能をこう評価する。

「ひたすら前に出る正攻法の押し相撲で、すでに三階級上の幕下の実力があるのではないかとの声も上がっています。祖父から譲り受けた大柄で色白の体に父を思わせる引き締まった端正な顔つきも魅力的です」

◆相撲は父親譲り

 祖父である大鵬は、昭和を代表する大横綱。1960年に新入幕した翌年、異例のスピードで第48代横綱に昇進。優勝32回と、2015年に白鵬に抜かれるまで44年間、歴代最多優勝記録を守り続けた。

 大鵬の圧倒的な強さは、相撲ファンのみならず、大衆の心をわしづかみにし国民的な人気を博した。当時の子供たちの好きなものを並べた「巨人・大鵬・卵焼き」という言葉は流行語となるほどだった。

 その大鵬の三女と結婚した父・貴闘力は、若貴兄弟とともに、二子山部屋の全盛期を支えた名力士だった。番付こそ関脇止まりだったが、彼の強く激しい相撲は見る者を圧倒し、敢闘賞を史上最多の10度受賞している。そんな偉大な祖父と父の背中を見て育ったのが、納谷だ。

 しかし大鵬は惜しまれつつも2013年に72才で他界。貴闘力は2010年、野球賭博への関与が原因で相撲界を追われてしまう。輝かしい実績を誇る祖父や父から、納谷が現在、直接薫陶を受けることは叶わない。しかし、その心の中には常に祖父と父の姿がある。現在も納谷が通っている埼玉栄高校相撲部の山田道紀監督が明かす。

関連記事

トピックス

角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン