• TOP
  • ライフ
  • バレンタインジャンボ 注目はシャンシャン(香香)売り場

ライフ

2018.02.05 11:00  週刊ポスト

バレンタインジャンボ 注目はシャンシャン(香香)売り場

山口氏はあの西銀座CCも推薦!

「今回のジャンボは、1年で最も“売り場のツキ”が重要になるジャンボだと考えられます」──そう語るのは“山ちゃん”の愛称で知られる宝くじ研究家の山口旦訓氏だ。

 バレンタインジャンボの発売期間は1月31日から2月23日まで。1等・前後賞を合わせた当せん金額は3億円(1等14本)だ。

「近年、女性の宝くじ人気が上昇していることなどを受けての名称変更」(山口氏)だというが、変わったのは名前だけではない。10万円以上の当せん本数は前年の約2倍(3万898本)となっている。

「三大ジャンボ(ドリーム、サマー、年末)に比べて、バレンタインジャンボは発売枚数が少ない。そのため例年、あの手この手の開運祈願などの“努力”をする売り場に当せんが偏る傾向が見て取れます。直近に高額当せんを出して勢いに乗っている売り場に幸運の女神が舞い降りることも多い」(山口氏)

 山口氏がツキを呼び寄せるキーワードとして挙げたのが上野動物園のパンダ「シャンシャン(香香)」だ。昨年12月19日から一般公開が始まり、バレンタインジャンボ販売開始直後の2月1日からは観覧時間が1日7時間に大幅拡大。さらなる注目を集めている。

「一般公開への応募は25万件。日本中から注目されて運気を集めるシャンシャンにあやかり、上野動物園のある東京・台東区をはじめ全国の“シャンシャン関連売り場”に注目しました」(山口氏)

関連記事

トピックス