スポーツ

貴乃花を支持すると醜聞出る…と「おかみ票」切り崩された

理事選後、笑顔で豆をまいた貴乃花

 平成の大横綱が、相撲協会の“理事の土俵”から押し出された。

「投票の前に貴乃花親方(45才)への支持を表明する親方が少なかったので、理事選への立候補は“賭け”でした。もしかして、コッソリと貴親方に投票する親方もいるかもしれないという期待もありましたが、フタを開けると貴親方は2票だけで、10票の当選ラインにはほど遠かった。厳しい戦いでした」(貴派親方の支援者)

 理事長になって角界を改革する──そんな貴乃花親方を陰で支えてきたのは、貴乃花部屋の「おかみさん」として奮闘する妻の花田景子さん(53才)だ。

 今回の理事選では、親方衆を支える妻たちの動向が、カギを握っていたという。

「親方衆は、相撲を取ったり、弟子を指導するのはもちろん得意ですが、お金の管理とか、後援会の運営など、部屋のさまざまな雑務はおかみさんに“丸投げ”している人も多い。おかみさんは親方のよき相談相手であり、いわば“親方のスーパーマネジャー”なんです。理事選で誰に投票すべきか、おかみさんの意見を参考にする親方も多かったでしょうね」(相撲ジャーナリスト)

 景子さんは若いおかみさんを中心にたびたび“女子会”を開いていたという。そこで景子さんが貴乃花親方の考え方をわかりやすく説明するので、おかみさんのネットワークを通じて、貴親方を支持する親方&おかみさんの輪は着々と広がっていたのだが、理事選を前にして状況が変わった。

「協会の反貴派によって、貴派親方たちのスキャンダル情報が流されたんです。貴乃花一門の立浪親方(元小結・旭豊)は、選挙直前に写真週刊誌で不倫が報じられました。また、ある貴派親方は、何年も前の隠し子疑惑を蒸し返されました。

 それに嫌気がさしたのが、おかみさんたちです。夫の不倫や隠し子がわかれば、夫を支えようという気がなくなるのも当然でしょう。“貴乃花親方を支持するとスキャンダルが狙われる”という空気がおかみさんの間で蔓延してしまい、“おかみ票”が切り崩されてしまったんです」(前出・支援者)

 結果的に、貴乃花親方を支持するグループは勢いを削がれて、理事選で窮地に立ったというわけだ。

 理事選直前の週末、長男の花田優一さん(22才)のブログに、目頭を押さえる景子さんの写真が投稿された。ブログでは「留学する娘を思っての涙」と説明されたが、角界では「おかみさんたちの心が離れ、夫の理事落選が決まったことの涙」だと、もっぱらだ。

※女性セブン2018年2月22日号

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン