• TOP
  • 芸能
  • 広瀬アリス 『わろてんか』で存在感増し「逆転姉妹」の様相

芸能

2018.02.10 16:00  NEWSポストセブン

広瀬アリス 『わろてんか』で存在感増し「逆転姉妹」の様相

今や朝ドラ全体を牽引するかのような勢い

 いま、日本の若者の間では最も有名な姉妹、芸能界での人気・評価は妹が先行していたが、ここにきて“異変”も感じられるようだ。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
 毎朝、目が吸い寄せられる。NHK朝ドラ『わろてんか』の中で、唯一といっていいほどキラキラ輝いて見える人がいる。ドラマのスタート当初は、正直そうでもなかったのに。そう、広瀬アリスさんのことです。

 最初は、主人公・てん(葵わかな)の夫・藤吉(松坂桃李)を追いかける恋敵、女義太夫リリコとして登場。てんを煩わらせ嫉妬させる悪女であり、いわば色物的脇役でした。女同士の下世話な嫉妬大会という安っぽいストーリーのせいもあり、リリコを演じる広瀬アリスさんへの期待もさほど膨らみませんでした。

「やっぱり最旬女優と注目されている妹・広瀬すずにはかなわないなぁ」と思っていたのでした。

 ところがどうでしょう?

 朝ドラも後半にさしかかり、脇役にすぎなかった広瀬アリスさんの存在感がグングン増してきているではありませんか。とにかく華があって目力があり気力があって、ついつい画面に吸い寄せられてしまうのです。今や全体を牽引している、といってもいいほどの力を発揮しています。

 リリコは女義太夫をやめた後、映画女優に転身。プライドが高く強気で素直になれない性格のリリコが、しかし次第に「漫才師」という仕事に惹かれて変わっていく……という過程を、上手に表現しているのです。

「ミスリリコ・アンド・シロー」という漫才コンビを組むことになったリリコ。相手役の、ぼさっとした四郎(松尾諭)とシャープなリリコ、そのかけあい、メリハリ具合がいい。

 大阪弁を猛勉強したという広瀬さんだけに、セリフはサラサラ流れスピード感がある上、絶妙な間あい、タイミング。かつ、じっと引いて抑える力もある。目を伏せて沈黙。表情だけで語る演技。そうなのです。単なる「美形」「美人」を超えて、人間味のようなものがリリコから滲み出してくる。

関連記事

トピックス