• TOP
  • 国際情報
  • 特定の歴史観をもつ学者が中国メディアに重用される実態あり

国際情報

2018.02.17 07:00  SAPIO

特定の歴史観をもつ学者が中国メディアに重用される実態あり

中国メディアは認識を改めるべき(Avalon/時事通信フォト)

 中国のメディアで、日本と対立する問題がどう報じられているかをチェックすると、頻繁に日本の識者が登場することに気づく。共産党の完全統制下にある中国メディアに登場すると、本人の意図とは関わりなく、「反日宣伝」に利用される恐れがある。

 政治学者の山口二郎・法政大学教授はCCTV(中国中央テレビ)の取材に答え、森友学園問題について次のように述べた(2017年3月26日)。

〈日本の政治に右翼思想がはびこっているのは、大きな問題です。森友学園のような子供たちに右翼思想を教える教育機関が土地を購入して小学校を開設する際に、中央政府及び地方政府からこれほどの待遇を受ける。これは今の日本の政権中枢に右翼思想に賛同する人物がはびこっていることを表します〉

 山口氏は2015年8月30日の国会前安保反対集会で、「安倍に言いたい、お前は人間じゃない。たたっ斬ってやる!」と叫び、物議を醸した。

 その意味では山口氏のいつもの発言ではあるが、中国の国営メディアで日本の学者の発言として流されることをどう考えるのか。

「私は、安倍政権こそ日本にとって有害であると考えているので、国内外を問わず、メディアから意見を求められれば、自分の考えを話している。日本には政府を批判する人もいることを示すのは、日本に言論の自由があり、まだまだ民主主義国であることを示す重要な証拠となる。中国による日本批判に加担するなど、とんでもない言いがかりである。その種の言いがかりを恐れて、自国を批判することを識者、メディアが放棄すれば、それこそ日本が中国のような言論不自由の国になることを意味する」(山口氏)

 その言論不自由の国のメディアに都合良く利用されていなければいいのだが。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス