• TOP
  • 国内
  • 奨学金破産増加 奨学金借りてまで新設大学に行く意味あるか…

国内

2018.03.05 07:00  女性セブン

奨学金破産増加 奨学金借りてまで新設大学に行く意味あるか…

奨学金延滞率の高い大学20校(日本学生支援機構の発表を基に本誌作成)


 この奨学金破産の問題に、根本的な解決策はあるのか。

「国家主導で、大学の学費を下げることが最優先です。財務省は学費をさらに上げようとしていますが、明らかに無理がある。その上で、返済義務のない『給付型奨学金』を増やすこと。海外の学生向け奨学金は、基本的に給付型ですから。財源はどうするのか、という議論はありますが、税金の投入先として、子供の教育の優先順位は高いはずです」(今野氏)

 安倍政権が2020年までの実現を目指す「高等教育無償化政策」は、住民税非課税世帯(年収250万円未満)の子供の大学授業料を免除し、給付型奨学金を大幅に増やすというもの。 しかし、対象の大学は、外部人材を理事に登用することや、財務・経営状況の開示など複数の条件をつけたため、大学側から反発の声が上がっている。「学びたい」という子供の学習意欲を、大人が妨げることだけは避けたいものだ。

※女性セブン2018年3月15日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス