芸能

渡辺謙、南果歩との5億円豪邸に帰れず転がり込む家とは

妻の暮らす自宅には帰れない…

 1963年に始まった大河ドラマの長い歴史の中で、はじめての試みが4月1日に行われる。放送中の『西郷どん』(NHK)の本編に代わって、撮影舞台裏の密着映像や、主人公・西郷吉之助役の鈴木亮平(35才)と、西郷が師と仰ぐ島津斉彬を演じる渡辺謙(58才)との対談が放送される。

「本編を休止して特番を放送するのは史上初。鈴木さんは謙さんから細かくアドバイスを受けています。演技のことだけでなく、座長として長い大河ドラマの現場でどんな気配りをすべきなのかなどについても意見を聞いています」(NHK関係者)

 物語は4分の1ほどまで進んだところ。青年期の西郷に大きな影響を与えた島津を演じる渡辺は、間もなく一足お先にお役御免となる。

「謙さんは6月からブロードウェーミュージカル『王様と私』のロンドン公演が控えています。2015年にミュージカル界最高の栄誉であるトニー賞の主演男優賞にノミネートされた作品で、謙さんの思い入れも強いですからね。公演を前に、もう一度しっかり稽古を積むそうです。5月の連休頃までに、『西郷どん』の撮影は終了予定です。ただ“あの事情”のため、打ち上げなどの予定は今のところありません。謙さんの意向でもあるようですね」(前出・NHK関係者)

 事情とは他でもない。昨年『週刊文春』で報じられた、年下のジュエリーデザイナーとの不倫騒動だ。おしどり夫婦のイメージは瓦解し、渡辺は妻・南果歩(54才)と暮らしていた都内の5億円豪邸にも帰れないでいる。

「都内のホテルを点々としたり、軽井沢の別荘に帰ったりもしていたようですが、実はそれとは別に、ある女性のいる“避難先”があるんです」(芸能関係者)

関連記事

トピックス

留任となった茂木敏充・幹事長(時事通信フォト)
【内閣改造の内幕】茂木敏充・幹事長の留任の裏に麻生副総裁との「来年の総裁選への不出馬密約」あったか
週刊ポスト
堺雅人(時事通信フォト)
《アクマゲーム》『VIVANT』超え狙う日テレ、水面下で社運賭けて制作する「新ドラマ」の全容
NEWSポストセブン
だいたひかる、がん治療と不妊治療の命懸けの両立 がん患者に伝えたい「乳がんになっても妊娠は不可能ではない」
だいたひかる、がん治療と不妊治療の命懸けの両立 がん患者に伝えたい「乳がんになっても妊娠は不可能ではない」
女性セブン
壮絶な少年時代を送っていた姫野和樹(時事通信フォト)
【日本代表・姫野和樹】貧しかった少年時代「道具代があまりかからない」とラグビー部に入部、選手としての成功が“希望の光”に
週刊ポスト
01-01
山口真由さんが語る「自分の弱点」と「経験できなかった青春」 『スラムダンク』『白線流し』に夢中
NEWSポストセブン
西川のりお(2021年5月撮影)
「僕は与党を脅かす、野党の漫才師になりたい」芸歴50年超・西川のりおが語る「けったくそ悪い」の精神
NEWSポストセブン
天海祐希(時事通信フォト)
《延期中》映画『緊急取調室』市川猿之助の代役難航、年内の公開断念「主要キャストの年内スケジュールも取れず」
NEWSポストセブン
昨年は甲子園に出場した村田浩明監督だが…
【ブチギレ音声/「頭がおかしいんじゃねぇか!」】名門・横浜高校野球部の村田浩明監督 試合後、球児に怒号で現場騒然 ハラスメント行為かの問いに学校の見解は
週刊ポスト
羽生結弦(写真は2022年)
【全文公開】羽生結弦を射止めた「社長令嬢のバイオリニスト」実家は“安倍元首相との太いパイプ”の華麗なる一族
女性セブン
ゆたぼん
ゆたぼん「中学校に登校宣言」と「父親ブロックで“親離れ”」YouTuberとしての未来はどうなるのか
NEWSポストセブン
フジ・宮司愛海アナ(右)と常田俊太郎氏
【全文公開】フジ・宮司愛海アナ、東大卒実業家兼音楽家と育んでいた半同棲愛 本人は「うふふふ」
週刊ポスト
羽生結弦(AFP=時事)と末延さん
羽生結弦と結婚の末延麻裕子さんの関係は“憧れのプルシェンコ”にリンクする 「スケーターとバイオリニストの相性はいい」
NEWSポストセブン