• TOP
  • 芸能
  • 渡辺謙、南果歩との5億円豪邸に帰れず転がり込む家とは

芸能

2018.03.28 16:00  女性セブン

渡辺謙、南果歩との5億円豪邸に帰れず転がり込む家とは

妻の暮らす自宅には帰れない…

 1963年に始まった大河ドラマの長い歴史の中で、はじめての試みが4月1日に行われる。放送中の『西郷どん』(NHK)の本編に代わって、撮影舞台裏の密着映像や、主人公・西郷吉之助役の鈴木亮平(35才)と、西郷が師と仰ぐ島津斉彬を演じる渡辺謙(58才)との対談が放送される。

「本編を休止して特番を放送するのは史上初。鈴木さんは謙さんから細かくアドバイスを受けています。演技のことだけでなく、座長として長い大河ドラマの現場でどんな気配りをすべきなのかなどについても意見を聞いています」(NHK関係者)

 物語は4分の1ほどまで進んだところ。青年期の西郷に大きな影響を与えた島津を演じる渡辺は、間もなく一足お先にお役御免となる。

「謙さんは6月からブロードウェーミュージカル『王様と私』のロンドン公演が控えています。2015年にミュージカル界最高の栄誉であるトニー賞の主演男優賞にノミネートされた作品で、謙さんの思い入れも強いですからね。公演を前に、もう一度しっかり稽古を積むそうです。5月の連休頃までに、『西郷どん』の撮影は終了予定です。ただ“あの事情”のため、打ち上げなどの予定は今のところありません。謙さんの意向でもあるようですね」(前出・NHK関係者)

 事情とは他でもない。昨年『週刊文春』で報じられた、年下のジュエリーデザイナーとの不倫騒動だ。おしどり夫婦のイメージは瓦解し、渡辺は妻・南果歩(54才)と暮らしていた都内の5億円豪邸にも帰れないでいる。

「都内のホテルを点々としたり、軽井沢の別荘に帰ったりもしていたようですが、実はそれとは別に、ある女性のいる“避難先”があるんです」(芸能関係者)

関連記事

トピックス