芸能

岩下志麻が述懐、小津安二郎監督の「もう一回、もう一回」

大女優が小津監督の思い出を語る

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、女優・岩下志麻が役者になったきっかけ、映画『秋刀魚の味』のヒロインとして小津安二郎監督に受けた演出について語った言葉をお届けする。

 * * *
 岩下志麻は、今年で女優人生60年になる。それに合わせて、筆者が二十時間以上にわたって岩下に役者生活の全貌をインタビューした新刊『美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道』が発売された。今回と次回は、その中の岩下の印象的な「言葉」をお送りする。

 今でこそ大女優の代名詞的存在の岩下だが、その道に入ったきっかけは偶然だった。高校時代に受験勉強で挫折した際、役者をしていた父・野々村潔に勧められ、「気分転換のよう」な状況で1958年にテレビドラマ『バス通り裏』(NHK)に出演したのがキャリアのスタート。その後、1960年に松竹に所属して映画デビューすると、主にメロドラマを中心にヒロイン役を演じていく。それでも、個々の現場では全力で仕事しながらも、役者としては「演じる」ということに大きなモチベーションを持てないままでいた。

 そんな岩下に転機が訪れる。1962年、巨匠・小津安二郎監督の映画『秋刀魚の味』のヒロインに抜擢されたのだ。小津の役者への演出法について、岩下は次のように振り返っている。

「先生のリズムに合わないと駄目でした。例えばワイシャツにアイロンをかける場面でも、一つの方向に二回ゆっくりめにかけて、反対はそのスピードの二倍の速さで三回かけて、ちょっとアイロンを置いたら左手でうなじ上げてとか。全て細かくご指導なさるんです。

 でも、そうなると、私の動きは段取りになっちゃうんです。その通りに動かないといけないって意識してしまいますから。ですから先生は自然体になるまで稽古なさる。その時は50から60回はテストしています。

 アイロンの動き方が斜めだったりすると駄目で、まっすぐからとか言われるものですから、一つ一つの動きを意識してしまって、コチコチになって自然体じゃなかったんだと思います。本当に何度も何度もテストしましたね」

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
シリアスな役あkら、激しいアクションまで幅広くこなす北村
北村匠海、朝ドラ『あんぱん』で“やなせたかしさん役”として出演か 主演の今田美桜とは映画『東リベ』で共演し強い絆
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン