芸能

二宮和也と交際 Aさんの親「一般人になったほうが…」

空港ロビーを歩くAさん

 4月上旬のある夜、“ドライブデート”をする様子を女性セブンにキャッチされた嵐の二宮和也(34才)とAさん。ふたりは二宮の愛車に乗り、羽田空港のロビーに隣接するシティーホテルの1室に1時間ほど滞在。ふたりの知人は、「ホテルに宿泊していた友人に会いに行っていたようです」とコメントしている。

 4月3日、Aさんが所属事務所を3月末で退社していたことが報じられた。Aさんは秋田県秋田市出身。山形大を卒業後、2003年に地元の秋田放送に局アナとして入社すると、ローカル局にもかかわらず全国区のファンを持つ人気アナに。2007年9月にフリーになると、『news every.』(日本テレビ系)などの看板アナとして活躍してきた。

「昨年3月、7年間出演していた『news every.』を卒業してからも、テレビ出演の機会は絶えず、アナウンサーとしての技術も人気も高かったので、“メディアの仕事から一線を引く”という決断には驚きました。女子アナの引き際といえば、ほとんどが寿退社。彼女も“結婚準備か”と大きな噂になりました。ましてや、以前報じられていた交際相手が嵐の二宮さんだったので、ファンも一斉に色めき立ちました」(芸能関係者)

 本誌・女性セブンが二宮のマンションに連泊するAさんの姿をスクープしたのは2016年7月のこと。連日、昼頃に彼の部屋を出てテレビ局に向かい、放送終了後に近所のスーパーで食材を買いこんで彼の部屋に戻る――そんな様子を伝えると、二宮のファンから阿鼻叫喚の悲鳴が上がった。

「Aさんはプロスポーツ選手やIT社長がどんなに言い寄っても笑顔でお断りするタイプ。合コンに行ったり、浮いたところがなく、“私、田舎者だから…”と控えめな人柄なんですが、隠しきれないフェロモンと、相手と会話するときの距離の近さで、だいたいの男性がコロリとやられてしまいます。

 Aさんは熱愛が発覚したときにやっていたブログの端々で、二宮さんとの交際をにおわせてしまってたんです。彼の部屋で撮った写真をアップしたり、嵐のグッズが写っていたり、彼の好きなテレビゲームの話題に触れてみたり。恋愛上級者じゃないからこそ、つい二宮さんとつきあってるうれしさが滲み出ちゃったんでしょうけど、それがまたファンの気持ちを逆なでし、“あざとすぎる!”と炎上してしまったんです。結局、すぐにブログは閉じましたが、その後も出演番組にファンから“抗議”が殺到したそうですよ」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン