• TOP
  • 国内
  • 震度6強で倒壊危機 京都の有名建築物と今後の計画・対応

国内

2018.05.02 16:00  週刊ポスト

震度6強で倒壊危機 京都の有名建築物と今後の計画・対応

 1970年代初頭にオープンしたMKボウル上賀茂は、加茂川沿いにあるボウリング場。タクシー会社として知られるMKグループの運営だ。

「発表前から当社にて診断を行ない、現在、耐震改修を計画中です。利用人数は1日400~500人ほど。防災組織を組み、お客様の避難経路図・避難誘導マニュアルの作成などの対策をしています」(アミューズメント事業本部)

 伏見桃山総合病院とグルメシティ近畿ヒカリ屋山科店は、建て替えを検討中だという。

※週刊ポスト2018年5月4・11日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス