芸能

山口達也が契約解除で「DASH村」大黒柱の後釜がいない…

”山口事変”の余波は大きい

 ジャニーズ事務所を契約解除となり、TOKIOの“元メンバー”となった山口達也(46)。騒動の影響を最も受けているのが、4年連続で年間視聴率三冠王を達成し、目下敵なしのはずの日本テレビだという。日テレは7日、山口が出演する全番組からの降板を発表したが、『ZIP!』の関係者はこう明かす。

「山口が降板するのか、後任が誰か、といった情報は現場のスタッフには全く知らされていませんでした。上層部がバタバタしているという様子だけはわかるが、スタッフの間では、“後任はジャニーズ事務所から出すらしい”という噂が一人歩きしていた」

 さらに影響が大きいとみられているのが、「山口が“大黒柱”としてフル稼働していた」(別の日テレ関係者)という『ザ!鉄腕!DASH!!』だ。

「4年連続の三冠王への貢献度でいえば、日曜19時~のゴールデン枠で15%ほどの数字が取れる『鉄腕DASH』の功績は大きい。とくに『DASH村』の企画では、農作業の収穫や動物の飼育などで山口がフル稼働し、多くのファンから“アイドルじゃなく、完全に農家の人”と言われるほどだった。

 それだけに、山口が抜けた4人のメンバーだけでは“村が立ち行かない”という声も聞こえてきますが、現段階では総集編を放送して、視聴者の反応をうかがいながら今後の番組について考えていくしかない。何も決まっていないような状態です」(同前)

 人気番組のピンチにも“ほぼ無策”だというのだ。そこで、「思い切ったテコ入れをしてみては」と提案するのは、漫画家の杉作J太郎氏だ。

「番組ファンは、大自然に溶け込んで頑張っているTOKIOが見たいんじゃないですか。『DASH村』よりもっと過酷な環境の、ジャングルみたいな山に籠もって、何日間かサバイバル生活をしてみるのはどうでしょう。大自然で強みを持つメンバーが抜けて不安があるなら、ゲスト隊長に藤岡弘、さん(72)をお呼びして、探検隊をやってみるとか。自然の中で自分たちを見つめなおしてみてもいいんじゃないか」

“農家の人”から“探検隊”へ──死角なき一強に生まれたまさかの事態には“劇薬”が必要なのかもしれない。

※週刊ポスト2018年5月25日号

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン