芸能

第3次韓流ブーム 牽引する3組のアイドルグループ

圧巻のダンスパフォーマンスが魅力の『防弾』(写真/Pentapress=アフロ)

 ペ・ヨンジュン主演の『冬のソナタ』など韓流ドラマが大人気となった第1次韓流ブームが2002年頃。さらに東方神起やBIGBANG、2PMなどのK-POPアーティストが人気を博したのが第2次韓流ブーム(2010~2011年頃)だとしたら、今は第3次韓流ブームなのだという。

 このブームを牽引しているのは、3組のアーティストなのだという。筆頭は、9人組ガールズグループの『TWICE』。「Y!mobile」のCMでは、往年の『YMCA』の曲に合わせ、カラフルな野球のユニフォームや制服を着て踊っている彼女たち。昨年末には紅白歌合戦にも出場した。

「TWICEはオーディション番組で勝ち上がった実力派です。ポイントは、ちょっと練習すれば踊れそうなダンス。日本人メンバー(ミナ、サナ、モモ)が3人いることもあり、これまでの韓国アイドル以上に親近感が持てると人気なんですよね。“日本人でもK-POPアイドルになれるんだ!”という、シンデレラガールとしての憧れもあり、若い女の子たちは夢中になっています」(女性誌ライター)

 次に『防弾少年団』。昨年、米ビルボード・ミュージックアワードを受賞し、世界的に注目されている7人組ボーイズアイドルだ。

「防弾の魅了は、なんといっても圧巻のダンスパフォーマンス。『刃物群舞』と呼ばれる刃物のようにキレのあるダンスは、従来の韓流アイドルと比べても、一段上を行く完成度です。それでいてメンバーには童顔が多く、みんな家族のように仲よし。公式SNSにはメンバー同士のわちゃわちゃした絡みが多くアップされ、ファンは毎日キュンキュンさせられています」(女性誌ライター)

 さらに楽曲や振り付け、曲構成まですべてをセルフプロデュースしている実力派13人組ボーイズグループ『SEVENTEEN』は日本デビュー前から人気が集中している。

 韓国エンタメを20年間ウオッチしているK-POPライターのきむ・たくさんが言う。

「とくにSEVENTEEN の売れ方には新しい風を感じます。これまでのK-POPアーティストは大手レコード会社に所属して、大々的にプロモーションをかけてきましたが、SEVENTEENは大きなプロモーションもせぬまま、日本デビュー前に横浜アリーナもさいたまスーパーアリーナも満杯にしています。日本デビューも大手からではなく自社の日本レーベルから、いわば、インディーズです。韓国で売れている実力派アーティストが、リアルタイムで日本でも売れるということなのでしょう」

※女性セブン2018年5月31日号

関連記事

トピックス

中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン